踵(かかと)の痛み、我慢し運動を継続し症状悪化の改善症例

Y・S様

お客様写真

Y・S様 が当院に来院された経緯

2017年4月頃から左踵に痛みが生じはじめる。週1回でジョギング、自転車に乗っている。セルフケアで足底のストレッチを行なっており痛みを我慢して運動をしていたら症状が悪化し日常生活での痛みが強くなった。特に朝起きた直後の歩きはじめ、動作の動きはじめに痛みを感じる。早く治してまた運動を思いっきり行うためにHPで当院を見つけ来院。

治療と経過

初診

骨盤と足根骨(くるぶしより下の骨)の歪み、腰背部、下肢の筋緊張を確認。 

鍼治療で腰背部、下肢の筋肉を緩ます。骨盤、股関節、膝関節、足根骨を整える整体を行う。治療室を歩いてもらうと痛みは残るが歩きやすさが増す。

2診目

2診目(1週間後に来院) 

前回治療後痛みが残っていたが2日後くらいから痛みが消失。その後、徐々に痛みが戻ってきた。前回と同様に施術を行う。 

3診目

3診目(1週間後に来院) 

痛みに波があるが歩行時の痛みはだいぶ和らいできた。安静時にも痛みを感じる事があった。前回と同様に施術。 

4診目

4診目(1週間後に来院) 

患部を押すと痛いが日常生活での痛みはほとんど感じなくなってきた。前回と同様に施術。状態が良さそうなので次回2週間空けて様子を見てもらった。

5診目

5診目(2週間後に来院) 

とても状態が良く痛みもなく過ごせていた。 

痛みなくジョギングもできているそうなので一旦治療を終了。 

主に使用したツボ、整体

脳戸、京門、L5華佗穴 

入谷式足部調整、BRM療法 

考察

骨盤の歪みや足根骨の歪みが強く生じていた。長年の身体の使い方のクセでどんどん歪みが強くなり踵に痛みが出現したと考えられる。 

踵だけではなく下肢を全体的に細かく歪みを整えていった事で早期の回復ができた。 

症状について詳しくはこちら