腰痛と踵(かかと)の痛みの改善症例

Y・T様

お客様写真

Y・T様が当院に来院された経緯

1年前から両足の土踏まずに張りと痛みが生じるようになった。朝起きた時の踏み出し一歩目に激痛があり、仕事終わりにも痛みは悪化するが日中は常に痛いわけではなく日によって変化するとのこと。仕事柄、中腰での姿勢が多く腰痛と踵の痛みを改善したいとインターネットを介して当院へ来院された 。

治療と経過

初診

脊柱際(背骨の際)を触診すると硬結(硬い部分)が多く圧痛も何点か確認できた。足の裏を圧すると土踏まずの中心部と踵に圧痛があり、まずは腰部を緩めるツボへ鍼を施した後に足根骨(足のくるぶしより下の骨)を整える整体を行なった。歩行での痛みは無く「仕事終わりに痛くなるのが不安」とのことで土踏まずにかかる負担を軽減させるテーピング法を指導した。

2診目

1週間後の2診目では「朝の痛みが少し減った気がするが、何日か経つとまた痛い」とのこと。初診と同様に鍼の施術を行い、今回は骨盤と脊柱を整える整体を加えた。

3診目

3診目は仕事の都合で約1ヶ月後での来院ではあったが「朝の痛みが今まで10だったのが3まで減った」との報告を受けた。仕事終わりの痛みも102まで減少し2診目と同様の治療を行い調子が良いので1ヶ月程、様子を見たいと4診目は3週間後に予約を取られた。

4診目

4診目では痛みは消失しており、朝は違和感が残るとのことで同様の施術を行い1ヶ月後に治療の予約を取られたが、その後症状は出現せずキャンセルされ合計4回の治療で終了した。 

主に使用したツボ、整体

脳戸 京門 L5  

捻転 BRM 

考察

過度な荷重が足裏の足底筋膜(土踏まず)にかかることで生じた症例である。 

足根骨の歪みも所見では気になったが、この方の場合は慢性的な腰痛も原因の一つと考えられる。 

脊柱際に硬結が生じると骨盤が上手く稼働できなくなり運動連鎖に支障が出やすい為、底辺を支えている足底筋膜にも影響が出てしまいやすい。さらに仕事上、中腰の姿勢が続くとなると尚更、骨盤に過度な負担がかかり荷重をうまく支えられず、足への負担が増してしまう。2診目以降から脊柱と骨盤を整える整体を加えたことで足への負担も軽減し症状改善に至ったと考えられる。

症状について詳しくはこちら