踵(かかと)の痛み、インソールを処方されるが痛みの軽減なし。かばって腰にも痛みを感じるようになった改善症例

Y・H様

お客様写真

Y・H様が当院に来院された経緯

1年前ウォーキング中に左右の踵に痛みが生じる。最初はあまり気にならなかったが朝起きがけや立ち上がりの1歩目に強い痛みを感じるようになる。整形外科を受診しレントゲンで左右の踵に棘が見つかりインソールを処方されるがあまり痛みは軽減されない。靴底が柔らかい靴を履かないと痛みが強くなってしまい、踵の痛みをかばい腰にも痛みを感じるようになった。踵が痛くゴルフに行くこともできずインターネットで症状の検索をしていたところ当院のHPを見つけ来院された。

治療と経過

初診

骨盤、足根骨(くるぶしより下の骨)の歪み、腰背部、下腿の筋緊張を確認。治療室を歩いても痛みはない。 

腰背部、下肢の筋肉を緩めるツボに鍼治療。 

骨盤から足根骨までをしっかり整える整体を施し治療を終了した。

2診目

2診目(1週間後に来院)左足の痛みは前回よりも半分ほど痛みが軽減し右足の痛みはあまり気にならない程度にまで回復してきた。長時間座っていると腰痛も感じるが、以前より頻度は減ってきている。前回と同様の施術を行う。 

3診目

3診目(1週間後に来院) 

朝起きがけや仕事終わりに左の踵に痛みを感じるが、だいぶ歩きやすさが出てきた。腰痛も 

以前より軽減してきた。同様の施術を行う。 

4診目

4診目(1週間後に来院) 

朝の痛みも軽減してきた。革靴など硬い靴を履いていると仕事終わりに痛みを感じる程度でだいぶ回復してきている。同様の施術を行う。 

5診目・6診目

5診目(1週間後に来院)6診目(1週間後に来院)仕事後の痛みも気にならないほど回復し、ゴルフの打ちっ放しに行くこともできた。腰の痛みもなくなり状態が良く6診目で治療を終了した。

主に使用したツボ、整体

脳戸、京門、L5華佗穴 

真体療術、BRM療法 

考察

この方は踵に棘が見つかったが足根骨の歪みを整えることで症状が回復した。 踵の棘に負担をかけないように足に合っていないインソールや底の柔らかい靴を履いていたことが逆に足根骨の歪みを強くさせていた。棘の有無に関係なく足根骨をしっかり調整すると踵の痛みは改善していく症例であった。 

症状について詳しくはこちら