変形性膝関節症にサポーターは効果がある!?

膝の痛みがつらい「変形性膝関節症」。膝の痛みといえばサポーターを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、変形性膝関節症の症状にもサポーターは効くのでしょうか。

サポーターの効果や、種類についてまとめました。

サポーターの効果とは?

変形性膝関節症の装具治療の中でも最も手軽にできるのがサポーターです。一般的な伸縮タイプのサポーターはすでに所有している人も多く、使いやすいです。また薬局などでも安価で販売されています。

 

サポーターの主な効能は、着用した時の膝の安定感と、保温性です。膝を温めることで血行が良くなり、痛みが緩和するようになります。また、血行が良くなると膝に栄養が届きやすくなり、症状が緩和することもあります。

 

ただし、サポーターは膝の関節を安定させる効果や、膝の負担を軽減させる効果はほとんどありません。ですから、変形性膝関節症の前期から初期の人が使用するには効果的ですが、歩行が困難になった末期の人が装着してもあまり効果は期待できません。

2種類あるサポーター

サポーターには伸縮性のあるタイプのサポーターと左右に金属が入ったりしている固定性のサポーターがあります。

一般的には変形性膝関節症に効果のあるサポーターは固定性のあるサポーターと言われています。しかし固定性があるサポーターは膝の圧縮力が強いです。

圧縮力の強いサポーターをしていると膝の痛みは和らいだように感じます。これは膝の触圧覚を刺激すると痛みは感じずらくなるのですが、変形性膝関節症自体を改善したわけではなく痛みを紛らわしているに過ぎないのです。

人間にとって「痛み」は信号です。「そこ、今傷んでいるのであまり動かすともっと悪くなりますからねー!」というのを痛みとして教えてくれています。

悪いものを食べてお腹が痛くなるのも「悪いもの食べましたよー!」ということを痛みとして教えていくれています。

なので変形性膝関節症で痛みが出ているのにも関わらず、圧縮性の強いサポーターで痛みが和らいだからと言ってたくさん動いてしまうともっと悪化させてしまう可能性があります。

私は圧縮性のあるサポーターはお勧めしていないです。

保温でサポーターを使用するのは効果あり

サポーターを使用することで変形性膝関節症が改善することは難しいです。

しかし、進行を遅らせる。症状緩和などには効果が期待できます。

膝周りは元々血管が少ないので、冷えやすいです。冷えると血液循環が悪くなり、変形性膝関節症の悪化を促します。

そのために伸縮性のあるサポーターを用いて保温をすることで血液循環を促し、症状の緩和が期待できます。

私がおススメするのは伸縮性のあるサポーターの中でも圧縮力の少ないサポーターです。圧縮力が強いと逆に血管を圧迫し、血液循環が悪くなる可能性があるので柔らかい素材であまり締め付けないサポーターを選んでください。

まとめ

サポーターを使用することで変形性膝関節症が改善するかというと残念ながらそこまでの効果は期待できないでしょう。

しかし、伸縮性があり、圧縮力の少ないサポーターをすることで保温効果があり、血液循環が良くなり、痛みなどの症状が緩和することも期待できます。

その一方で固定制のある、圧縮力の強いサポーターは痛みは緩和するかもしれませんが、それは痛みを紛らわしているだけなのであまりお勧めはできないです。

サポーターを装着してみて締め付け感が少なく温かく感じるものを選ぶようにしましょう。