グルコサミンは変形性膝関節症に効果あり!?

「膝に効く」という広告でよく耳にすることがあるグルコサミンサプリですが、変形性膝関節症の症状には、グルコサミンサプリは効果があるのでしょうか?

グルコサミンとはそもそもどのようなものなのでしょう?

ここでは、グルコサミンの詳しい説明や、変形性膝関節症への効果を説明していきます。

グルコサミンとは?

グルコサミンとは、キチンという成分を塩酸で分解して作られたものです。

体のエネルギー源となるアミノ糖のひとつで、自然界ではカニやエビの甲羅、イカの軟骨、昆虫や動物の皮膚、キノコ、カビ、などに含まれています。

グルコサミンサプリメントとして流通しているものは、カニやエビの甲羅から作られているものが多く、グルコサミンを結晶化させたグルコサミン塩酸塩という形をとっているものがほとんどです。

サプリメントを摂取した時に、体内に吸収されやすいように、グルコサミンをアセチル化という技術を用いてさらに分解して作られたものがN-アセチルグルコサミンです。

N-アセチルグルコサミンは、人間の細胞の表面にある複合糖質と同じ成分であり、ヒアルロン酸を構成している成分です。

食品では牛乳に含まれています。

グルコサミンの効果とは?

N-アセチルグルコサミンは、ヒアルロン酸に含まれる成分です。

ヒアルロン酸の働きとは、水分を保持して肌に潤いを与えることや、関節の動きの潤滑剤となる働きをすることです。

関節を形成している関節軟骨や関節液にはコンドロイチンという成分が含まれており、N-アセチルグルコサミンは、このコンドロイチンを作る働きを促す作用もあります。

 

グルコサミンサプリメントと変形性膝関節症

変形性膝関節症は関節軟骨が擦り減り、関節の動きの滑らかさが失われる病気です。

グルコサミンは関節軟骨や関節の動きを滑らかにするコンドロイチンやヒアルロン酸に働きかける作用を持っています。

サプリメントは健康食品であり、医科学的に効果が証明されるものではないため、摂取するかしないかは個人の考えに委ねられるところがあります。

摂取時に注意しなければならないこととして、グルコサミンサプリメントはエビ、カニ由来のものが多いため、甲殻アレルギーがある方は注意しなければなりません。

また、グルコサミンは複合糖質であり、血糖値や血圧、コレステロール値を上昇させるため、糖尿病、高血圧症、高脂血症の方も注意が必要です。

そして、グルコサミン塩酸塩の形で摂取しても、体内で有効成分として働くために、N-アセチルグルコサミンの形へと変換される過程で、そのほとんどが便として体外に排出されてしまいます。そのため口から飲んだものが痛みを訴えている膝へ到達してグルコサミンが関節の潤滑油であるコンドロイチンを産生するというのはまずありえないといえるのではないでしょうか?

 

「グルコサミンを飲んで痛みが改善した」という方はプラシーボ効果の可能性が高い

プラシーボ効果とは実際には薬としての効果のないものを「これはお薬です」と言われると実際にお薬と同じ効果が体に出ることをプラシーボ効果と言います。

簡単にいうと、高血圧の人に「これは降圧剤です」と言ってお菓子のラムネを食べさすと(もちろんお薬のような形にする必要があります)実際に血圧が下がる方がいるのです。

プラシーボ効果は「痛み」に関する症状だと約30%の人にみられると言われています。

100人中30人

けっこう多い数ですよね。なので仮にサプリメントの成分が膝に到達していなくても「膝に良いサプリメントなんだ」と思って飲むことで100人中30名の方が痛みの改善につながります。

なので「私このサプリメント飲んだら膝痛が治ったよ!」という方がいるのもプラシーボ効果によるものが高いと思われます。

 

まとめ

医学的根拠からするとグルコサミンのサプリメントを飲んでも膝痛が改善する可能性は低いと言えます。

しかし、プラシーボ効果による痛みの改善は30%の方にみれれます。医学的根拠がなくてもプラシーボ効果であっても改善してしまえばその方にとっては喜ばしいことだと思います。

人間には本来自分の体を治す「自然治癒力」が備わっています。

プラシーボ効果もその一つで、結果的に自分の体を自分で治す反応なのです。自然治癒力を上げる一つの手段としてはストレスをできるだけ減らすことです。「もう一生治らないかも・・・」と考えず「必ずいつかは治るんだ!治ったら何をしようかな!」とプラス思考で考えることで自然治癒力が高まり膝の痛みの改善にも繋がる可能性があります。