変形性膝関節症に足底版(インソール)は効果あり?

変形性膝関節症の保存療法の中には「足底板(そくていばん)」・インソールを使うものがあります。

こちらの効果はどのようなものなのでしょうか。使い方やどのような効果があるのか、どのような症状の人に有効なのかなどを調べました。

 

足底版とは?

そもそも足底板とはどのようなものなのでしょうか。変形性膝関節症の保存療法で使用される装具の一つですが、その他に偏平足や外反母趾の人も使用することがあります。

 

足底版とは、足のバランスが悪い状態を矯正するものです。様々な種類があります。

インソールタイプ

靴の中敷きのようなパット状の装具です。足の裏にあてて使用します。色々なタイプがありますが、変形性膝関節症の治療で使用するものは外側が高く、内側が低い斜めの形状になっています。正式には外側楔状足底板といいます。この上に乗るので体重の負荷が内側にからよらずバランスよく体重を支え、膝への負担を軽減させてくれます。

 

中敷きですので、普段履いている靴に使うことができて手軽です。ただし、足首が固定されていないので、うまく矯正できない場合もあります。

 

ベルト付きタイプ

インソールだけでなく、足首を固定するベルト状のサポーターがついたタイプもあります。足首からしっかり固定されているので、矯正の効果はインソールタイプよりも大きく、痛みも軽減します。ただし、サポーターがついている分、サイズが大きくなるので普段の靴が履けないというデメリットもあります。ベルト付きタイプを使用するときはワンサイズ大きい靴を用意したほうがよいでしょう。

足底版が有効な人とは?

整形外科でも足底版を処方する病院もあります。その時にどのような人に足底版を処方されるかというとO脚の人に有効です。O脚の人は内側に体重がかかっているため、膝の内側が摩擦され、変形してしまいます。足底板は内側にかかっていた体重を全体にかかるように矯正するため、痛みを取り、進行を防いでくれとされています。

しかし、足の骨というのは単純なものではなく、内側にかかる体重を足底版により外側にすればよいかというとそうではありません。返ってバランスを悪くし、他の関節へ負担をかけることもあります。

遅れている日本の足底版の知識

上記でも説明したとおり、整形外科で足底版を処方されることがあります。一見、整形外科で作成してもらったものは体にとって大変よさそうな気もしますが、残念ながら日本の足底版(インソール)作成の技術は海外と比べて高いとは言えません。

海外では足病医と言い、足の疾患のお医者さんがいます。その医師が処方し、インソール専門会社がオーダーメイドで作成します。

日本はかつては足の強い人種でした。

飛脚はわらじを履いて、1日数十キロ走れたのです。元々足の強い人種であったためあまり足に関する医学的な進歩は進みませんでした。

しかし、食生活やすべての生活が欧米化することで、徐々に足の悪い人が増えてきました。

それに伴い、インソールなどを作成する会社が増えましたが海外と比べると知識や作成技術などはかなりの差があります。そのため、日本で作成する足底版(インソール)だと変形性膝関節症が改善する可能性は極めて低いと言えます。

 

唯一、日本の足底版(インソール)でお勧めでいるのが入谷式足底版です。入谷誠先生は歩きを細かく分析して足底版を作成するので入谷式足底版は効果があるでしょう。しかし入谷式足底版は見立てなどが大変難しく、その技術を持った理学療法士は大変少ないと思います。

現在、変形性膝関節症に対する足底版を作成するなら海外製の足底版(インソール)が良いでしょう。

足の骨は人によってさまざまなので作成するならオーダーメイドで作成することをお勧めいたします。金額は3万円~5万円と高額になってしまいますが、一度作成するとよっぽど粗悪に使わない限り半永久的に使用できます。そう考えると決して高額なものではないと思います。