変形性膝関節症は整形外科ではどうような治療をする?

年齢を重ねるとともに出てきてしまう「変形性膝関節症」。年のせいだからとあきらめずにしっかり治療を行えば、スポーツや旅行などができるまでに回復することもあります。

 

「変形性膝関節症」の治療は整形外科で行っています。整形外科ではどのような処置をしてくれるのかどうかまとめてみました。

整形外科での処置の流れ

「変形性膝関節症」が疑われる場合は、まずしっかり検査をします。

 

レントゲンやMRI,血液検査を行い、膝軟骨のすり減り具合を確認し、骨が壊死していないか、半月板、靭帯は損傷していないか。また、リウマチが隠れていないかなどを検査していきます。実際の所、MRI、血液検査まで細かく検査してくれるところは少なく50歳以降になり、膝が痛み、レントゲンの画像上、関節の隙間が狭まっていれば「変形性膝関節症」と診断されてしまうことが多いです。MRIなどは大きな病院でないと設置していない可能性がありますので、しっかり治療したい場合は大きな病院を受診するとよいかもしれません。

 

まずは膝がどのような状態になっているのかをしっかり確認し、その後治療に進んでいきます。人によって症状は様々ですから、その分、治療方法も様々あるのです。

痛みを止める処置

一度すり減ってしまった軟骨は、残念ながら完全に元に戻るということはありません。ですが、治療することで状態がよくなり、生活範囲が広がっていく方が多いです。

「変形性膝関節症」の治療は、痛みを取る治療と、病気の進行を食い止める、改善させる治療の2つに分かれます。

まずは痛みを取る治療です。

痛みが強い場合は鎮痛剤を使用します。ただし、炒め止めを年中使用すると胃腸の障害のリスクがあるため、痛い時に飲む程度にとどめます。

鎮痛剤よりも効果が穏やかな漢方薬を使用する場合もあります。同じ病気でも状態によって服用する薬は変わってきます。自己判断せずに、医師のすすめる薬を使用するようにしてください。

また、有効なサプリメントのアドバイスなどを行ってくれることもあります。

内服薬だけでなく、塗り薬や湿布薬を使用することもあります。

また、膝に水が溜まって炎症を起こし、痛みが強い場合は、抗炎症効果のある関節注射を行うこともあります。

症状を改善させるための処置

変形性膝関節症の症状を改善させるには、患部を温め血行を良くすることが大切です。整形外科では電気治療や赤外線治療などで直接膝を温める治療を行うことがあります。

 

また、変形性膝関節症に有効なのは運動治療です。また、筋肉を強化することで症状が緩和することもあります。病院によっては正しい運動療法や、装具、靴選びの指導をしてくれるところもあります。

特別に指導がない病院でも、運動療法を行う場合はお医者さんに相談してみましょう。運動して周囲の筋肉を強化することや、血行を良くなることで膝に栄養がいきわたるようになると症状が緩和する場合があります。ただし、自己流で行うとかえって膝を痛めてしまうこともあるので注意してください。

 

 

まとめ

整形外科では変形性膝関節症に対して様々な処置を行ってくれます。しかし、残念ながら劇的に効果が望める治療法ではないでしょう。仮に変形性膝関節症が整形外科の治療で改善していれば鍼灸治療や整体治療を受けに来る人はいないでしょう。

整形外科での治療を望む場合、どのような整形外科が良いかというとリハビリを積極的におこなってくれるところです。お薬やシップでは変形性膝関節症の改善は難しいため、リハビリに力を入れているところでおこなうことをお勧め致します。