アキレス腱炎にステロイド注射は効果あり?

ステロイド注射は痛みをとる目的で、医療機関で行われる治療法ですが、アキレス腱炎の場合にも効果があるのでしょうか?

アキレス腱炎に行うステロイド注射とは?

アキレス腱炎と診断されると、多くは湿布や内服薬などの消炎鎮痛剤を処方され、安静にするように言われます。最初に処方される消炎鎮痛剤は非ステロイド性の消炎鎮痛薬で、炎症を起こすもととなる物質の産生を抑制することで炎症を抑えます。多くは、安静と非ステロイド性の消炎鎮痛薬とで日にち薬で発症当時の強い痛みはひいていきますが、強い痛みがなかなか消えない場合、痛みによって生活が障害されている場合やスポーツをしていて大会が迫っていてどうしても痛みがとりたいという強い希望がある場合はステロイド注射を打つ場合があります。ステロイド注射は少量のステロイド剤をアキレス腱炎の炎症が起こっている部位に直接注射する治療法です。

ステロイド注射の作用と副作用

ステロイドは炎症と痛みを抑えます。「痛み止め薬」としては大変効果があります。非ステロイド性消炎鎮痛薬でも痛みが治まらない場合に有効です。急性の痛みの場合は1回の注射で痛みが治まる場合もあります。しかし、人によって痛みの治まる程度や効果の持続時間は異なり、非常に良く効くという方もいれば、あまり痛みは変わらないと感じる方もいるようです。強い消炎鎮痛効果があるため、痛みの原因が組織の炎症であり、炎症部にピンポイントで注射をすることができれば痛みが劇的に緩和します。しかし、痛みが炎症によるものではない場合や炎症部にピンポイントに注射が当たらなければステロイド注射が効かない場合があります。

ステロイド注射が効かない場合は数週間を置いてもう一度ステロイド注射を行います。

 

一旦ステロイド注射で痛みが治まった場合でも、痛みが再発する場合もあります。ステロイド注射は強力に痛みを抑える作用を持ちますが、何度も繰り返し打つことで、血流低下を起こし、腱や腱鞘の組織をもろくしてしまいます。アキレス腱の組織が弱くなり、アキレス腱断裂につながることもあるので頻繁なステロイド注射はお勧めできません。

ステロイド注射でアキレス腱炎は良くなる?

ステロイド注射を打ったからといってアキレス腱炎が良くなることはありません。強い痛みで悩まされている場合はステロイド注射を行うことで痛みが軽減され、生活が楽になることがあるかもしれませんが、ステロイドを打っても痛みが変わらない場合もある、ステロイド注射を何回も打つとアキレス腱が弱くなることを十分に納得してから治療を受けるようにしましょう。スポーツを行っている人はふくらはぎ、アキレス腱に負担がかからないということは絶対にありえません。そのため、ステロイド注射で痛みを取ったとしても、腱や腱鞘がもろくなってしまうと、再びアキレス腱に痛みを感じるようになり、もろくなったアキレス腱は断裂するリスクが高くなってしまいます。

せっかくステロイド注射を何度か打って痛みを取ったのにアキレス腱を断裂してしまったらこんな悲しいことはないですよね。

 

痛みを取りたい気持ちはわかりますが、アキレス腱は常に強靭な件である必要があります。体で一番強靭な腱です。その腱がもろくなってしまうと体にかかる負担が増えるのは想像がつくと思います。

ステロイド注射はアキレス腱炎の痛みを緩和するためのひとつの方法に過ぎず、アキレス腱炎を治すにはアキレス腱に負荷をかける姿勢や筋肉の状態、足のアーチのアライメントを改善するようにしましょう。

症状について詳しくはこちら

アキレス腱炎(アキレス腱の痛み)の治療