半月板損傷にグルコサミンサプリメントは効果あり?

スポーツをされている方に多くみられる半月板損傷。運動時の痛みや急に関節の曲げ伸ばしができなくなるロッキング現象。やがて症状が強くなってくると歩くだけでも痛みが強くなったり、膝が抜けるような症状がでてきます。

整形外科に行き、あまり症状が改善しない場合は手術を勧められるケースもあります。しかし、手術を回避したいと考える方は多くいて、インターネットなどで様々な情報を検索しています。

膝に良いと言われているグルコサミンサプリメントは半月板損傷の方が飲むと効果があるのでしょうか?

グルコサミンサプリメントとは?

グルコサミンとは、塩酸でキチンという成分が分解して作られたものです。

自然界ではカニやエビの甲羅、イカの軟骨などに含まれています。

グルコサミンサプリメントとして流通しているものは、カニやエビの甲羅から作られているものがほとんどです。

グルコサミンサプリメントを販売しているサイトを見るとグルコサミンは関節軟骨を形成する成分の一つで老化とともに減少するのでサプリメントで効率よく摂取したほうが良いと言われています。

傷ついた軟骨を補修したり軟骨を強化してくれるとも書かれています。

また、膝の中の潤滑油の役割をするヒアルロン酸に含まれる成分であるため、年齢とともに減った潤滑油を増やしてくれる作用もあると考えられています。

半月板も軟骨ですし、上記の説明を見るととても膝に良さそうなため、半月板損傷の方はグルコサミンサプリメントを飲んだ方が良いではと考える方が多くいらっしゃることと思われます。

半月板損傷にグルコサミンサプリメントは効果なし

グルコサミンサプリメントのサイトを拝見すると一見軟骨に大変良さそうなので半月板を損傷した際にも何か手助けになってくれそうな感じもしますが、医科学的にみてその効果はないといってよいでしょう。

グルコサミンが体内で有効成分として働くために、N-アセチルグルコサミンという形へ変換される必要があります。Nーアセチルグルコサミンに変換される過程でそのほとんどが便として体外に排出されてしまいます。そのため、体内に吸収されるのはほんのわずかな量になります。

わずかな量が体内に吸収されたグルコサミンが痛めている部位にピンポイントに到達し、軟骨の再生を促すとは医科学的に見ても考えずらいです。グルコサミンサプリメントを取ると体内のグルコサミン量は多少増えている状態になりますが、痛めている関節に集まるといったデータもありません。

しかし、グルコサミンサプリメントを摂取すると何人かは「膝の痛みが軽くなった」と訴える方がいらっしゃます。これはグルコサミンサプリメントが軟骨の再生を促したというよりもプラシーボ効果である可能性が高いです。

プラシーボ効果とは薬に全く効用のないもの(偽薬)を飲ませても3割の人に効果があると言われています。例えば高血圧の人に、血圧を下げる効果のないお薬を「降圧剤です。」と言って飲ますと10人中3人の人の血圧が下がります。

人間の感情(メンタル)は自律神経やホルモンバランスと密接な関係にあるため、本人が「効くお薬」と思って飲むだけで体は自然と良い方向に効く場合があります。

プラシーボ効果は圧迫骨折の痛みさえ楽にするほど効果のあるものです。人間の感情と痛みや体の不調はとても密接な関係があると言ってよいです。

サプリメントもCMやインターネットでの情報を見る限りでは「なんだか効きそう」と思います。グルコサミンサプリメントが医科学的な効果がないと知っている私でさえ読んでいると「効きそうだな~」と一瞬思ってしまうくらいです。この「効きそう」という気持ちが大事でプラシーボ効果をもたらす可能性があります。医科学的には立証のないグルコサミンサプリメントですが「これは効く」と自分に言い聞かせ飲むと案外膝の痛みは改善するかもしれません。

半月板損傷に良いサプリメントは?

グルコサミンサプリメントがダメなら半月板損傷にはどのよなサプリメントが良い?

カルシウム?コンドロイチン?などなど多種多様なサプリメントがでていますが、残念ながら半月板損傷に効果のあるサプリメントいうのはありません。

半月板損傷をより早期に治すためにはサプリメントを摂るというより日頃の食生活を見直したほうが良いでしょう。半月板自体には痛みを感じる痛覚はないため、痛みを訴えているのは半月板周辺の軟部組織です。半月板周辺の軟部組織の修復を促すために毛細血管の流れを良くし、栄養を集めて老廃物を流してもらう必要があります。毛細血管の流れを良くするにはサラサラな血液である必要があります。砂糖系の甘いお菓子や清涼飲料水をよくとる方は血糖値が高くなることが多く、ドロドロの血液であるため毛細血管の流れが悪くなっていることがあります。肉類、油ものを多く好む方も同じことが言えます。

半月板損傷の痛みを少しでも早く改善したい方は甘いものを控え、油もの、肉類の過剰摂取を避け、野菜中心の食生活にすることで毛細血管の流れがよくなり、軟部組織の修復が促進されます。

半月板を痛めてしまうと1日でも早く治して、再び競技に復帰したり、楽しく歩いたりしたいものです。楽しかった日々を取り戻すために良いものはないかと色々と探しますが、1番の効用はまずはご自分の日常生活、食生活週間を見直し、ご自分の自然治癒力が高まる生活をするのが一番でしょう。