ヒアルロン酸注射の効果と副作用

当院には膝の痛みで来院される患者さんは多いですが、問診をする際によく聞くのがこのヒアルロン酸注射です。

 

聞くたびに効果があるのか疑問ですが痛みが取れればわざわざ遠くから痛い膝を抱えて施術を受けには来ないでしょう。

 

もちろん中には効果があるから病院に通われている方もいらっしゃるかとは思いますが整形外科のホームページを見てもヒアルロン酸注射をしたり水を抜いても痛みの取れない患者さんは大勢いるとも書かれてありました。

 

ではこのヒアルロン酸注射は膝にとって何が良いのでしょうか?

ヒアルロン酸とは?

ヒアルロン酸とはもともと人間の体にある成分です。どこにあるかといういうと目や皮膚や関節などに含まれています。

 

では、どんな働きをしているのか?

一言で言えば保水です。ヒアルロン酸1gで約6リットルもの水を保持できる保水力があると言われています。このヒアルロン酸が膝の関節にあることで関節はスムーズに動き膝にかかってくる圧力や衝撃からも守られているのです。

 

赤ちゃんの肌はもっちりしていますね。あれはヒアルロン酸を多く保有しているからです。しかし、このヒアルロン酸は加齢とともに減少していきます。そのために関節に痛みが生じて膝痛が起こると言われているのです。

 

『じゃあ、このヒアルロン酸をまた膝に注射してやればいいじゃないか』

『元は人間の身体の中に含まれている成分なんだから副作用もないし安全だ』と言われ行われているのがヒアルロン酸注射です。

 

しかし、ヒアルロン酸を注射したからといって膝の組織を再生してくれるわけではありませんし、時間が経てば体内に吸収されてしまうので痛みの原因を根本から取り除く効果などありません。

ヒアルロン酸注射の副作用

近年ではヒアルロン酸注射でアレルギー症状が起こったという事例も報告されています。海外の文献でもヒアルロン酸はアレルギーを起こす可能性が出てきたと論文まで出てきました。

 

インターネットで検索してもアレルギー症状で辛い思いをされている方も見受けられます。

 

安全だと謳われていても、一つでも問題が起こった事例が出てくれば安全とは言えません。この世の中に安全を求めても納得のいくような安全を見つけることは困難です。

 

ちなみに先ほどはヒアルロン酸が減少するために膝痛が起こるといわれていると書きましたが実際には幼い子供であっても膝の痛みを訴えることはあります。では何が原因なのでしょうか?

 

人間の骨格はとても大切です。建物を建設するにも骨格をつくってから肉付けをしていきます。この骨格の一部でも崩れてしまうとどうでしょう。その崩れは歪みになっていきます。

 

骨格が歪めば筋肉や組織にも歪みが生じて痛みも起こるのです。

骨格の歪みを意識されている方は少ないのが現状ですがちょっと鏡の前に目をつむりまっすぐ立ってみてください。

目を開けて鏡を見た時に肩の位置、骨盤の位置などズレは生じていませんか?鏡を通して自分をじっくり見てみると普段はわからなかったことなど気づくことがあると思いますよ。

ヒアルロン酸注射を打って楽になった人はなぜ?

ヒアルロン酸注射をして「痛みが改善した!」と訴える方もいらっしゃいます。そのため、「○○さんがヒアルロン酸注射で楽になったのだから私も!!」と期待を込めて整形外科へ通ったもののなかなか痛みが改善しないというケースもあります。

この痛みが改善するケースと改善しないケースの違いは何なのでしょうか?

一つはプラシーボ効果です。

プラシーボ効果とは例えば全く効用のないお薬を「降圧剤です」と言って飲ませると約3割の方の血圧が下がると言われています。これは脳が「効果あり」と思い込むことにより脳内ホルモンの影響で体に様々な影響を及ぼすと言われています。

プラシーボ効果は圧迫骨折などの骨折をしていても手術をしたように見せかけて実際には手術をしていなくても痛みが改善するケースがあるという研究結果もでています。それほど身体に及ぼす効果が高いです。

病は気からといいますが、全て行っているのは脳ですから何でも疑わず「効く」と思って治療をすることが改善への一番のカギかもしれません。

 

もう一つは注射という外的刺激により膝周辺の組織になんらか良い影響を及ぼした可能性があると言われています。

注射を刺すということは体に刺激を入れることになります。鍼治療も同じように体に刺激を入れる治療です。

鍼治療をすることにより筋肉が緩んだり、痛みが和らいだりするのと同様、ヒアルロン酸自体が鎮痛効果があったというより注射により膝周辺の筋肉や関節包などが反応し治癒する方向へ向かうのではないかと言われています。

残念ながら「痛み」のメカニズム自体がまだ医科学的に立証されていないためあくまで全て仮説ですが、現段階ではこのように言われることが多いです。

 

現在、膝痛の痛みに一般的治療となったヒアルロン酸注射ですが、残念ながら皆様が期待するほどの効果が望めるとは言えません。また、ヒアルロン酸注射を打つことで一過性に痛みが改善しても膝に負担のかかる動き、歩き方、体のゆがみを改善しない限り、一時は和らいだ痛みも再びぶり返す可能性があります。

根本から膝の痛みの改善を望んでいる方は膝の痛みを取ることにフォーカスするのではなく、なぜ膝が痛くなってしまったのか、膝が痛まなくなるためにはどのような生活を送れば良いのかを専門の医療機関に相談しながら見つけることが一番の根本改善につながると思います。