変形性股関節症で処方されるお薬の種類と効用について

変形性股関節症の症状で最も辛く、日常生活の妨げになるのは痛みです。ひどくなると、何もしていないときも、夜寝ているときにも強い痛みを生じるようになります。

痛みを緩和するために市販の鎮痛剤や湿布などを活用することもあるかと思いますが、市販薬は厚生労働省で変形性股関節症に効果があると定められているわけではありません。

一方、受診して医師から処方される薬は変形性股関節症に効果があると臨床実験で確認されたものです。

変形性股関節症で医師から処方される薬にはどのようなものがあるのでしょうか?

また、それぞれの薬にはどのような効果があるのでしょうか?

変形性股関節症の薬物療法

変形性股関節症の手術を行わない治療を保存療法といいますが、その中のひとつに薬物療法があります。

薬物療法は、運動療法や体重コントロール、生活指導などその他の治療と併用され、痛みをコントロールして日常生活を送りやすくする目的で行われます。

主に、痛みをとる消炎鎮痛剤や筋緊張の亢進・筋痙縮を緩和する筋緊張緩和剤と胃腸薬などが処方されます。お医者さんはわかりやすく言うために「痛みをとる薬、筋肉を柔らかくする薬、胃腸薬」と説明することが多いです。

 

変形性股関節症の痛みは、初めは運動開始時や運動後など決まったときに生じますが、症状が進行するにつれて常時痛むようになってきます。

痛みが一時的に生じる場合は、痛い時だけ薬を服用する、湿布を貼る、軟膏を塗るなどの対処で済みますが、常時痛むようになってくると、毎日定期的に痛み止めを服用し、そのうえ、特に痛みがひどい時には座薬を使用するという場合もあります。

また、変形性股関節症は進行性の病気であるため、消炎鎮痛剤の服用は長期間に及ぶことが多く、胃炎や胃潰瘍などを起こすリスクが高いので胃腸薬と一緒に処方されます。

消炎鎮痛剤といってもその種類は多くあり、ステロイドを含むものや胃腸障害を起こしにくいものなど様々な薬が開発されているので、自分の体に合った薬を医師と相談しながら見つけて付き合っていくことが大切です。

消炎鎮痛剤の種類

副作用の少ない非ステロイド性の消炎鎮痛剤が主に使用されます。

内服薬、湿布薬、軟膏などの塗り薬、テープ薬、座薬の種類があり、定期的に内服薬を服用しながら局部に軟膏や湿布を用い、特に痛い時には座薬を使用するなど数種類の薬を併用することも多くみられます。

非ステロイド性の消炎鎮痛剤で効かない場合はオピオイド系消炎鎮痛剤や神経痛に作用する薬、抗鬱薬・抗てんかん薬、筋緊張緩和剤、精神安定剤なども用いられることがあります。

痛み止めの薬、湿布で症状が進行してしまうことも念頭に入れておく

痛み止めの飲み薬、湿布には炎症を抑える作用があります。炎症を抑えるには血管を収縮させる必要があります。炎症を抑えると痛み自体は一時的に和らぎますが、血管を収縮させてしまうと関節への栄養供給が悪くなってしまい、変形性股関節症を悪化しかねません。

痛いから湿布を貼る。痛み止めを飲むという行為自体が変形性股関節症を助長してしまっていることを念頭においておいたほうがよいでしょう。

変形性股関節症は薬物療法では改善しない

変形性股関節症になると整形外科から痛み止めの飲み薬や湿布などが処方されますが、これらは全て「痛み止め」であるため、変形性股関節症を改善するものではないです。痛みをだましだましの生活を送っていてもやがて痛みは増してきて手術になってしまう可能性があります。そのためお薬のみで対処するやり方はお勧めしません。

整形外科の保存療法で変形性股関節症の進行を遅らせる、改善していくには体重コントロールと理学療法をしっかりとおこなう必要があります。理学療法士にも技術の差がかなりあるため、足に詳しい理学療法士にリハビリをお願いすることをお勧めします。

 

変形性股関節症は薬物療法では改善しませんが、骨盤から下肢にかけてゆがみの改善を図れば改善する可能性がある疾患です。現在薬物療法で痛みをだましだましにしている方はゆがみを矯正するなど違ったアプローチで治療をしてみるのも良いでしょう。

変形性股関節症は症状が発症して間もない時期に骨盤から下肢の矯正をかけると痛みも改善することが多く、完治も期待できます。しかし、変形がかなり進んだ状態ですと痛みの緩和は望めますが、変形した股関節自体を元の状態に戻すことは難しいためできるだけ早い段階で薬物療法ではなく、足に詳しい理学療法士の理学療法や、代替医療(鍼灸や整体)を行うことをお勧めいたします。