半月板縫合術、費用はどれくらいかかる?

主治医から手術をすすめられ、前向きに手術を検討していても、やはり気になるのは費用ですよね。半月板の縫合術では、どれくらいの費用が必要なのか、実際に病院でかかる費用をみていきましょう。

各病院の実際の費用

各病院の実際の費用

A病院 B病院 C病院 D病院 E病院
入院期間 9日間 7日間 2日間 10日間 3日間
3割負担(70歳未満) 20万円 15万円 9万円 15万円 16~19万円
3割負担(70歳以上) 9万円 9万円 8.1万円
1割負担(70歳以上) 3万円
2割負担(70~74歳) 6万円 5.5万円 4.4万円 10万円
限度額適用認定証

(70歳未満)

5~18万円 5.76~9万円
限度額適用認定証

(70歳以上)

2.5~6万円

 

5つの病院の半月板縫合術の費用を見てみると、9~20万円かかることがわかりました。病院によっても費用、入院期間は異なります。上記の金額に、個室料金(1人部屋1~1.5万円程度)、2人部屋(5000円程度)が×入院日数分必要になります。また、病衣がある病院では病衣代金も100円程度×入院日数分かかります。食事代金も1日(1食300円程度×3回)×入院日数分が実費でかかることになります。こうしてみてみると入院日数の割には高額な入院費となりますね。半月板切除術の手術費用(7~15万円)と比べてみると、半月板縫合術の方が若干高額となるようです。入院費用の概算が知りたい旨を病院スタッフに伝えておくと、退院前におおよその入院費を教えてくれますので、事前に声をかけておきましょう。病院によっては、半月板縫合術で入院した場合の入院費用概算がホームページに掲示されている場合もあるので、チェックしておくと安心ですね。

限度額適用認定証とは

一月の医療費が所得に応じて区分された一定額を超える場合に、医療費が払い戻される制度があります。

 

標準報酬月額による区分 自己負担限度額
83万円以上 252,600円+(総医療費-842,000円)×1%
53~79万円 167,400円+(総医療費-558,000円)×1%
28~50万円 80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
26万円以下 57,600円
被保険者が市区町村民税の非課税者等 35,400円

 

本来は病院の窓口で医療費を全額払い、後から自己負担限度額を超えた分だけ払い戻されるのですが、先に限度額適用認定証の申請をすることで、窓口で払う費用が自己負担限度額分だけで良くなります。手術日程に余裕がある場合は先に申請しておくと、入院中に焦って大金を用意しなくても済みますね。

 

限度額適用認定証については、「全国健康保険協会、協会けんぽ」のホームページ、医療費が高額になりそうなとき(限度額適用認定)に詳しい説明がのっています。後から申請する場合は、高額な医療費を支払ったとき(高額療養費)が参考になりますよ。

 

標準的なサラリーマンの月収30万円程度の家庭では、限度額適用認定証を申請すると入院費用が20万円かかったとしても、80,100円+(200,000-267,000円)×1%=80,100円の支払いということになりますね。

症状について詳しくはこちら

半月板損傷の治療

関連記事