半月板横断裂ってどんな状態?

半月板損傷は、半月板が垂直方向に断裂する垂直断裂、水平方向に断裂する水平断裂があります。半月板横断裂は、垂直断裂のひとつです。半月板断裂について、詳しくみていきましょう。 

半月板横断裂とは

半月板横断裂とは、半月板の垂直方向に断裂が起こり、半月板のCの字の内側から、辺縁部に向けて横方向に断裂が生じている状態です。(図1 半月板横断裂 参照)。 半月板の垂直方向の断裂は、半月板の上方から下方まで、完全に断裂している完全断裂と、途中まで断裂が起こっている部分断裂とがあります。横断裂の半月板の垂直方向の断裂の深さは様々です。 

半月板の垂直方向の断裂は、半月板の上方から下方まで、完全に断裂している完全断裂と、途中まで断裂が起こっている部分断裂とがあります。横断裂の半月板の垂直方向の断裂の深さは様々です。 

 

横断裂が斜めに拡大すると、断裂した先が弁状となるフラップ状断裂となります(図2 半月板フラップ状断裂)。フラップ状断裂の半月板から離れている部分が、膝関節の間に挟まると、ひどい痛みや膝が曲げ伸ばしできなくなるロッキングが生じます。横断裂と縦断裂が混合した損傷がみられる場合もあります。 

半月板横断裂の治療

半月板の治療は、保存療法と手術療法とがありますが、痛みが強い場合、保存療法でも症状が改善しない場合には手術療法が選択されます。 

 

手術療法では、損傷している部分を切り取る切除術と、縫い合わせて治癒を待つ縫合術とがありますが、切除術で、半月板を切除する部分が大きくなると、膝関節へかかる負担が増して、関節軟骨がすり減り、変形性膝関節症を発症する原因となることもあります。 

 

年齢や生活など、患者の個々の状態に合わせて手術法は選択されますが、できるだけ、半月板は温存する方向で検討されます。血行の少ない、半月板の内側の部分で縫合術を行っても、再び断裂して、さらに断裂が大きくなる場合もあります。そのため、切除する部分と縫合する部分とを組み合わせて手術を行うケースや、縫合術時にfibrin clot(血餅)を用いる方法、半月板を削って出血を起こすラスピングを行う方法、自己多血症板血漿療法(PRP療法)などを行って、縫合した部分の治癒を促すケースもあります。

症状について詳しくはこちら

半月板損傷の治療

関連記事