シンスプリントの好発する人は

シンスプリントとは主に脛の内側が痛くなる症状です。運動をする時には体の多くの場所を動かし、それが原因で様々なスポーツ障害も起きます。シンスプリントもそのスポーツ障害の一つです。シンスプリントが好発する人の特徴をご紹介させていただきます。 

シンスプリントが好発しやすいスポーツは?

シンスプリントの原因を結論からいうと、筋肉の使い過ぎでしょう。ランニングやジャンプなど過度に繰り返すことで起きます。脛の周りにはいくつかの筋肉がついており、走ったりとんだんりするとその度に伸びたり縮んだりをします。この動作を過度に引っ張り続けることで、筋肉の損傷や炎症が起きて痛みが出てくるのです。 

シンスプリントが好発しやすいスポーツは、陸上競技やサッカー、野球、バスケットボール、バレーボールなどです。 

 

シンスプリントの症状は初期段階では激しい運動をすると脛の内側や内側のくるぶしの上周辺が痛むことが多いですが、安静にしている時や歩いている時には痛みを感じません。また、運動後に痛みがおさまることがよくあるので痛みを我慢して続ける選手も多いのです。症状が進み、運動量を増えるにしたがって痛みが増し、重症化してくると安静時や歩いている時にも痛みがでます。 

シンスプリントが好発しやすい年齢や性別は?

シンスプリントが好発しやすい特徴では、男女差にそれほどの差はありませんが、中学生や高校生など10代の女性に多い症状です。男女差でいえば、男性は筋肉量がありますので、筋肉の損傷などの症状に特徴が、女性は筋肉よりも骨に負担が出ている症状が特徴的です。 

 

30代以降になると男性の比率もシンスプリントでは高くなります。これは10代の時に比べて筋肉量が低下したのですが、急に激しい運動を始めてことが要因として考えられます。 

シンスプリントが好発しやすいケース

シンスプリントが好発しやすいケースでは、骨や筋肉のバランスが悪いことがあります。例えば陸上競技でランニングをする場合、一方方向に走り続けますよね。無意識にバランスも偏ってしまい負担も片側にいってしまうことが原因ともいわれています。また、シンスプリントは初期段階では痛みも少ないので、我慢してしまう選手も多いのです。外傷とは違い、目に見えないので痛みが回りには伝わりにくく、練習が休めない為に悪化してしまうケースもあります。痛みがある場合には早めに治療を受けることも大切でしょう。 

まとめ

シンスプリントは下半身の筋肉を使い過ぎることで、筋肉の負担がたまり損傷や炎症を起こします。10代の女性に多い症状で、特に陸上競技やバスケットボール、バレーなど激しくジャンプしたり、ランニングする競技に多い症状です。はじめのうちは我慢できる痛みですが、次第に悪化していく症状の為に早めに治療を受けて回復をすることが大切ですね。