シンスプリントの解剖学的所見

スポーツの多くは下半身をよく使います。激しい運動をした後には筋肉痛になるように、筋肉に負担がかかると筋肉に損傷や炎症が起きるのです。シンスプリントという障害は解剖学的にはどのような障害かをご紹介させていただきます。 

 

シンスプリントの解剖学的所見①原因

シンスプリントは別名「過労性脛部痛」、「脛骨過労性骨膜炎」と呼ばれます。ふくらはぎの筋肉は、ヒラメ筋、奥に後脛骨筋、長指屈筋とあります。この筋肉は脛骨の内側についており、地面を蹴る動作やつま先立ちを続けることで収縮します。 

ランニングやジャンプを過度に繰り返すことでこれらの筋肉には強い牽引力がかかるため、骨の骨膜に炎症が起きてしまいます。 

シンスプリントが起きやすい人は過回内足、偏平足などの体のバランスが原因や、シューズがあっていない、硬い地面を走ることも要因と考えられます。ランニングやジャンプを多くする競技の選手に多い症状で、特にランナーの20%から50%と高い発生頻度となっています。 

シンスプリントの解剖学的所見②症状

シンスプリントの症状の部位は、脛骨内縁中3分の1、脛骨内踝より10cm程上にあります。圧痛と運動時の痛み、腫れの症状もあります。症状は段階的に進行し、初期段階では、痛みがあるが、ウォーミングアップをしていると痛みがなくなることが多くあります。次第に運動前後に痛みが出るようになり、重症化していくと日常生活にも支障が出るほどに痛みが増してきます。重症化の場合には疲労骨折の可能性も出てきます。 

シンスプリントの解剖学的所見③治療

シンスプリントはX線撮影に映ることが難しく、検査方法がMRI検査や触診による臨床テストで判別されることが多いでしょう。重症化して疲労骨折をした場合にも骨折初期には骨に異常がみられないこともあります。整形外科で診察をされた後、治療をしても改善されない場合は再検査や別の整形外科で診察も選択肢として持った方がよいでしょう。 

シンスプリントの初期の段階では、痛みがある場合には運動を中止し、消炎鎮痛剤のシップ薬やアイシングにより治療を進めます。重症化した場合には、長期的な運動の中止と治療のためのストレッチやリハビリの必要があります。シンスプリントの難治性の時には手術によって治療をします。 

まとめ

いかがでしたか?シンスプリントは脛の内側やふくらはぎの筋肉がジャンプやランニングを過度にすることで、周辺の筋肉が損傷をし、痛みが出ることがあります。特にランナーは硬い地面を走ることが多いために、高い発生頻度があります。重症化すると治りも遅く再発をすることがありますので、痛みが出た場合には早めに治療を受けることが大切ですね。