シンスプリントとは?

新しい環境やペースで運動をすると、スポーツ障害を起こすことがあります。スポーツ障害の中でも最も代表的とも言われるシンスプリントとは、どのような症状なのでしょうか。 

 

症状や原因、対処方法についてご紹介します。 

シンスプリントとはどのような痛み?

シンスプリントと呼ばれるものにはいくつか症状がありますが、ほとんどの場合脛骨過労性骨膜炎を指しています。すねに強い痛みを感じるのが特徴です。 

 

すねの内側が痛くなることが多いですが、人によっては外側にも痛みが出ることがあります。その他ふくらはぎが痛くなったりすることもあります。 

 

すねの内側の骨を押すと激痛がしたり、走ったりジャンプすると痛かったり、骨がきしんでいるような感じがしたらシンスプリントかもしれません。 

 

初めのうちは走ったり、触ったりするときのみ痛みが出ますが、ひどくなると歩いたり立っているだけでも痛くなり、最後には何もしていなくても痛いという状態になってしまいます。 

シンスプリントの原因は?

シンスプリントは、スポーツや部活などを始めたばかりの人が起こりやすいため「初心者病」とも言われています。 

 

シンスプリントは、すねの周りの筋肉が原因で起こります。筋肉が緊張してこわばっていると、常にすねの骨膜が引っ張られている状態になります。すると骨膜が耐え切れなくなり、炎症を起こし、痛みが出てきます。 

 

初心者の人は筋肉が十分ついていなかったり、ほぐれていなかったりするため、シンスプリントになりやすいんですね。 

シンスプリントの対処方法

シンスプリントの対処方法はすねの周りの筋肉をほぐすことです。シンスプリントの痛みはじめは強く出ても運動を続けているうちに痛みを感じなくなることがあります。ですから、痛みを我慢して運動を続けてしまう人が多いです。 

 

ですがこれはNGです。痛みを我慢して使い続けると疲労骨折を起こして長い期間運動ができなくなってしまうこともありますので注意してください。 

 

シンスプリントの治療で効果を出すには、しっかり休むことも大切になってきます。 

 

すねの周りの筋肉がなぜ固くなってしまっているのか、それは走り方などに問題があります。ですから、原因が分からずに続けてしまうと何度も繰り返してしまう場合があるので注意したいですね。 

 

まとめ

シンスプリントは、すねの周りの筋肉が緊張して硬くなっていることで起こる、すねの痛みです。治療するにはすねの周りの筋肉をほぐすことと、筋肉が固くなってしまう原因を知って改善していくことが必要になってきます。