股関節の前側が痛くなる原因とは?

目次

股関節の付け根の部分、特に前側が痛くなる原因をご紹介します。

 

腸腰筋の炎症・過緊張・短縮、腸恥包炎

腸腰筋は大腰筋、小腰筋、腸骨筋という筋肉をまとめて呼ぶ際の総称です。これらの筋肉は、股関節の前にある筋肉であり、脚を上げる動作などの股関節を曲げる際に働く筋肉です。小さい筋肉ですが、短距離走や跳躍などの競技にはとても重要な筋肉であるとされています。

 

この腸腰筋が使い過ぎにより炎症や過緊張を起こしていると、股関節前面に痛みを感じます。また、腸腰筋の働きが悪くなることで、周囲の筋肉がそれをかばってさらに痛くなるという悪循環も発生します。また、これによって腸腰筋の下にある滑液包が押しつぶされて、炎症を起こし痛みの原因となる、腸恥包炎という病態が起こることもあります。この場合には、腸腰筋をじっくりとストレッチし、緊張を緩めていく必要があります。腸腰筋は股関節を曲げる筋肉ですので、その反対方向、脚を後ろにし、股関節を伸ばす方向にもっていくことで腸腰筋をストレッチすることができます。

 

 

 

鼠径部痛症候群(グロインペイン症候群)

股関節の前側の少しくぼんだ三角形状の部分を鼠径部といいます。鼠径部痛症候群は、走った際やキック動作を行った際などのこの鼠径部に痛みがあります。特に、サッカーのようなキック動作を多く行う競技で発生しやすいとされる疾患です。

 

鼠径部痛症候群では、股関節の柔軟性低下や股関節・骨盤周囲の筋の筋力低下などによって、筋肉の正しい協調的な動きができていないために、痛みや機能障害を引き起こします。鼠径部痛症候群の治療のためには、股関節周囲の可動性や安定性、筋肉の使い方を確認し、問題点の修正を行います。

 

鼠径ヘルニア

ヘルニアとは、身体の組織の一部が本来の位置からはみ出てしまった状態のことを指します。鼠径ヘルニアでは、本来は腹部にある腹膜や腸の一部が鼠径部の筋膜の間から出てしまう病態です。小児から成人まで起こりえる下腹部の疾患であり、一般には脱腸と呼ばれることも多いです。

 

鼠径ヘルニアでは、立ち上がる際のようなお腹に力が入る場面で鼠径部の皮膚の下に、腹膜や腸が出てきてしまいます。そのため、鼠径部に何かが出てくるような違和感や不快感、痛みを引き起こします。一般的には、鼠径ヘルニアの根治のためには、手術が必要となります。