股関節の外側が痛くなる原因とは?

目次

股関節の横側に痛みがある場合には、中殿筋や大腿筋膜張筋といった筋肉の痛みであることが多いです。これらは、歩いたり走ったりする上で、身体を支える非常に重要な筋肉です。

 

中殿筋の痛み

中殿筋は、腰に手を当てたときに触ることができる腸骨という骨から、股関節の外側で触ることができる骨の出っ張りである大腿骨大転子に向かって走行している筋肉です。あまり大きい筋肉ではありませんが、股関節周囲の筋肉の中でも非常に重要な働きを担っています。

 

中殿筋の働きの1つは、脚を外側に開く作用です。中殿筋の痛みを感じている方は、立って片脚を外向きに開いたり閉じたりするだけでも痛みを感じることもあります。そして、中殿筋のもう1つの重要な働きが骨盤の安定化です。例えば、右脚で片脚立ちをしたときには、右の中殿筋が働くことで骨盤を安定させ、バランスを保っています。そのため、中殿筋の筋力低下や、中殿筋に痛みがある場合には、片脚立ちの際にうまく骨盤を支えきることができなくなります。歩くという動作は、左右の片脚立ちの繰り返しであるため、その左右バランスを保つために中殿筋がとても重要となります。中殿筋がうまく使えていない方は、歩く際に骨盤や体幹の左右への動揺が大げさになる特徴があります。

 

大腿筋膜張筋の痛み

大腿筋膜張筋は股関節の外側だけでなく、太ももの外側を通って、腸脛靭帯という大きな靭帯を介して膝関節にまで走っています。この大腿筋膜張筋は脚を外に広げる動きや脚を前に出す(股関節を曲げる)運動に作用する筋肉です。そして、中殿筋と同様に、片脚立ちのときに骨盤を安定させるために働く筋肉でもあります。股関節の外側が痛む場合には、この大腿筋膜張筋が上手く使えていないために、痛みの原因となっていることもあります。

 

また、大腿筋膜張筋とつながっている腸脛靭帯の炎症は、太ももの外側〜膝関節の外側の痛みの原因となることでも知られています。これは、腸脛靭帯炎、別名ランナー膝とも呼ばれ、ランニングなどのスポーツに伴って起こりやすい障害です。