股関節の後ろ側が痛くなる原因とは?

目次

股関節の後ろ側、臀部の痛みにはどのような原因があるのでしょうか。一般的には、臀部から脚の痛みやしびれを引き起こす坐骨神経痛が多いようです。

 

坐骨神経痛

坐骨神経痛というのは、さまざまな原因によって坐骨神経が障害されることによって、その支配領域である臀部や下肢のしびれや痛み、運動障害などの症状を引き起こします。一般的にもその名が知られている坐骨神経痛ですが、これは症状の名称であって診断名ではありません。この坐骨神経痛は様々な疾患によって引き起こされます。

 

中でも、高齢者の坐骨神経痛は腰部脊柱管狭窄症が原因となることが多いです。脊柱管とは、人の背骨である脊椎の中の脊髄の通り道のことをいいます。脊柱管狭窄症では、何らかの原因でこの脊柱管が狭まることで、その中を通る脊髄や坐骨神経が圧迫されます。また、働き盛りの若い方にも多い腰椎椎間板ヘルニアも坐骨神経痛を引き起こす危険性があります。これは、脊椎の中にある椎間板という組織が破れ中身が飛び出してしまうことで、神経を圧迫している病態です。

 

これらの疾患よって坐骨神経が圧迫されることで、股関節の後ろ側である臀部の痛みやしびれなどの症状を招きます。

梨状筋症候群

梨状筋とは、臀部の深層、尾骨の上にある小さい筋肉です。梨状筋症候群では、この梨状筋が緊張し、硬くなることで臀部の痛みを引き起こします。特に、梨状筋のある部分を表面から押圧すると、激しい圧痛が生じるのが特徴的です。また、坐骨神経はこの梨状筋のすぐ真下を走行しており、梨状筋症候群によっても坐骨神経痛が引き起こされることがあります。

坐骨結節の剥離骨折

中学生や高校生などの成長期では、筋肉が強いが、骨が弱いために剥離骨折が起こることがあります。特に、スポーツ時のダッシュやジャンプなどで骨盤の剥離骨折が起こることがあり、これも股関節の後ろ側の痛みの原因となります。坐骨結節は臀部の骨の出っぱっている部分であり、ハムストリングスという筋肉が付着しています。

ハムストリングスは、坐骨結節から太ももの後ろ側を通って、膝関節まで走っている非常に大きな筋肉です。剥離骨折は、この筋肉の急激な強い収縮に骨が耐えられずに剥がれてしまう外傷です。坐骨結節の剥離骨折では、怪我をした直後は歩行困難となりますが、しばらくすると脚を引きずりながらでも歩けてしまうことが多いです。しかし、痛みは持続しますので、すぐに医療機関を受診するのが良いでしょう。