足首捻挫の度合いと症状

捻挫の度合いにより治療方法なども変わってきますが、目安として三段階に分けられています。 

あくまでも目安であり、捻挫の回数等の個人差により治癒期間は変わってきます。 

第一度(軽度)

日常生活中などでも何気なく「イタッ」と 思うことが多い捻挫がこの部類になります。 

主な症状は以下に記してありますが、完治しないままにしてしまうことが多いので、捻挫を繰り返しやすくなるのも特徴です。 

痛みが治まっても注意が必要です。 

 

・靭帯が伸びているが、痛みは少ない 

・歩行に支障はない 

・数日から二週間ほどで痛みが治まります。

第二度(中度)

日常生活で階段から落ちたり、転んだり、スポーツを楽しんでいたりする中で起こりやすい捻挫です。 

歩行がしにくくなるほどの痛みが伴いますので、その場合は「松葉杖」を使用することもあります。初めのうちは痛みだけでもその後に腫れてくることもあります。 

市販のシップは気休め程度で効果は期待できませんので、整形外科や整骨院などを受診することをお勧めします。 

主な症状は以下に記しています。 

・人体の一部が切れていて、治療が必要 

・歩行しにくく、曲げると傷む 

・二週間から一か月ほどで痛みが治まる 

第三度(重度)

この部類は、日常生活よりもやはりスポーツ等をしているときに起こりやすいといえます。 

かなりの痛みを伴いますので、応急処置も必要となります。 

早急に整形外科医の診察を受けることをお勧めします。 

主な症状は以下の通りです。 

・靭帯が完全に切れている 

・場合により手術が必要 

・痛みがひどく、歩けない 

・痛みが治まるまで、1ヵ月以上かかる