知っておきたい応急処置とセルフケア

RICEってどんな方法?

R REST         安静 

I  ICENG       冷却 

C COMPRESSION    圧迫 

E ELEVATION      拳上 

 

 

上記の4つの処置の頭文字をとって「RICE」といいます。 

この処置は、軽度の捻挫に有効的です。 

 

 この処置は長くて捻挫直後から48時間とされています。 

48時間以上冷やすのは血行不良を引き起こし、悪化させる可能性があります。 

48時間経っても腫れや痛みが引かない場合は、早急に医師の診断を受けましょう

足の痛みの治療院がおススメする急性捻挫の処置方法

私がおススメするのは、「温冷交代浴」と「運動療法」を組み合わせる方法です。 

上記の通り「交代浴」をする間に 足首を痛みが出ない程度に動かします。 

この動作を入れた処置をお試しください。 

機能回復を早め消炎鎮痛にもつながり、効果的です。 

ただし徐々に痛みが増してくる場合は、速やかに中止してください。 

痛みや腫れがかなり強い場合は、整形外科医の診察を受け靭帯損傷度合いを確認してください。 

テーピング方法は?

受傷した直後は、テーピングで固定した方がいい場合があります。 

その場合はキネシオテープで固定します。 

重症例は必ずテーピングで固定します。 

ご希望の方には捻挫のテーピング方法の指導も行っています。 

スポーツ選手の方は特に、早期治療が早期回復につながり、結果として競技復活への近道になります。 

足首を捻挫してしまった時の簡単なテーピング方法を紹介しています。 

家でもできるので、時間がある時にやってみて下さい。 

テーピングをすることで損傷した部分をカバーしてくれますので、「日常生活のサポート」や「痛みがなくなった後の治療」としても使えます。また「同じ捻挫をしないようにする防止対策」にもなりますし、何より「再び競技ができるようになる」ので、重要だと言えます。 

上記以外でも様々な場面に対応できるように、テーピングで固定した方がいいでしょう。 

下記に2つのテーピングに関する動画をあげています。 

是非ともお試しください。 

お灸で消炎鎮痛!?

捻挫の治療にお灸も効果があります。 

ただし、捻挫直後のお灸は症状を悪化させるので絶対にしてはいけません。 

足首の腫れが引いて2週間以上経過した後、痛みが続く場合にはお灸は効果的です。 

お灸で温熱重を与えると、筋肉・血管・リンパ節などを刺激し血行が良くなります。 

一日1回のお灸で、消炎鎮痛効果が出てきます。 

痛みが強くなる場合にはアイシングをしてください。 

自分でできるお灸の方法の動画を紹介しています。 

ぜひ参考にしてみてください。 

捻挫のリハビリに効果のある当院オリジナルセルフケア「足そらし」

足そらし」は捻挫後の有効なリハビリの一つです。 

「踵骨(しょうこつ)」という踵の骨の歪みを放置すると、捻挫を繰り返したり足底筋膜炎や膝痛・股関節通・腰痛の原因になったりします。 

この方法は「踵骨の位置をしっかり正しい位置に戻す」ためのストレッチになります。 

図や動画で紹介していますので、ぜひお試しください。 

図のように、膝を曲げないことが重要ポイントです。 

足をそらした時に、足首からお尻まで直線になるように注意します。