椎間板ヘルニアとはどのような疾患?

椎間板ヘルニアの基礎知識

「椎間板ヘルニア」とは、どのような疾患なのでしょうか?

 

椎間板は椎体(背骨)と椎体の間にあり、髄核と繊維倫から成り立っていてクッションの役割を果たしている軟骨です。

髄核とは水分を豊富に含むゼリー状の組織で、椎間板の中央部分にあります。

その髄核を包み込むように取り囲んでいるのが繊維倫といい、コラーゲンを豊富に含む強固な組織です。

繊維倫に亀裂が生じ椎間板が変性すると組織の一部が飛び出してしまうことがあります。

この飛び出してしまった椎間板の一部が神経を圧迫することにより、身体の様々な部分に激しい痛みやしびれなどの症状が起きてきます。

この状態が「椎間板ヘルニア」といわれる疾患です。

また、この症状を「坐骨神経痛」といい、椎間板ヘルニアの代表的な症状です。

故に坐骨神経痛とは疾患名ではなく、症状を表していることになります。

椎間板ヘルニア発症の仕組み

背骨と背骨をつなぐ部分には椎間板というクッションの役割を持つ軟骨があります。

 

椎間板は中央にゼリー状のものでできている髄核があり、それを包むように硬いゴムのようなものでできている繊維倫と呼ばれる軟骨があります。

ゼリー状の髄核は繊維倫の中にすっぽりと包まれているため、本来なら外に出てしまうことはありません。

ですが、太ったり強い運動をしたりすると負荷がかかり、通常でも圧のかかっている椎間板にさらに圧力が込められ、ついには中の髄核が外へ押しつぶされてしまいます。

 

髄核が押しつぶされるとどうなるのでしょうか。まず、椎間板が横に飛び出します。飛び出した椎間板は近くの神経にぶつかります。その神経は足や腰などを通っていることが多いので、その神経が刺激されることによって一見関係なさそうな足や腰が痛むのです。これは腰の辺りの椎間板で起こることがおおいので、「腰部椎間板ヘルニア」という名がついています。

日常生活の中で、椎間板にさらなる強い圧力がかかってしまうと、繊維倫に亀裂が生じてしまいます。

すると亀裂からゼリー状の髄核が出てきて、椎間板の横側の神経を圧迫する状態になります。

神経を圧迫することが、痛みや痺れの原因にもなります。

椎間板ヘルニアは若年層に多発する?

若年層の髄核は水分を豊富に含み、弾力性があります。

そのため可動域はとても広いのですが、髄核がゼリー状なためヘルニアがおきやすくなります。

中高年齢層になると髄核の水分量が激減して弾力性もなくなります。

その分髄核が硬くなってきますので、ヘルニアが起きにくくなります。

ですが20代に入りまだまだ体は現役の中、すでに髄核は老化し始めます。