椎間板ヘルニアが発症する原因とは?

「椎間板ヘルニア」を発症する原因として考えられるものに、以下のようなことがあげられます。

 

・日常生活における姿勢の悪さや無理な動き

・もともとの体質や、骨の形

・同じ姿勢を続けなければいけない職業についている人

・長距離運転をする人

・重たい荷物を日常的に運ぶ人

 

この様に腰に負担のかかる行動や生活が「椎間板ヘルニア」の発症を誘発しているといえます。ただし、すべての長距離運転手が椎間板ヘルニアになるわけではなく、長時間同じ姿勢をする職業の人が椎間板ヘルニアになるわけではありません。

上記のような生活を送っていて、かつ脊柱の動きが悪くなり骨盤がずれることで椎間板にかかる内圧がさらに高まり椎間板ヘルニアを引き起こします。

上記のようなものに該当する方はどうしても椎間板の内圧は高まりやすいので、普段から脊柱の動きを良くし、骨盤の位置を正しい位置に保っておくことが椎間板ヘルニアの予防につながります。

どのような場面においても常日頃から腰に負担がかからない動作を意識しておくことが大切です。