椎間板ヘルニアを軽減する食事・サプリメントは?

CMや通販で様々なサプリメントの宣伝をおこなっているため、何かしら椎間板ヘルニアに対して効果があるのではと考えがちです。

軟骨成分と言われるコラーゲンやコンドロイチン、グルコサミン

ビタミンB12はシビレを緩和するなどともいわれています。

しかし、残念ながらこのようなサプリメントやこれらの成分がたくさん含まれている食品をとっても椎間板ヘルニアの改善にはつながりません。上記でも説明したように椎間板ヘルニアの根本原因は椎間板ヘルニアを引き起こす動き、ゆがみが原因です。そのため、いくら良い軟骨成分やビタミン類を摂った所で痛み・シビレの改善にはつながりません。

唯一痛みを緩和できる食事療法とは?

椎間板ヘルニアの痛み・シビレを唯一緩和できる可能性のある食事療法があります。

それは砂糖を中心とした糖質類を一切摂らないようにすることです。砂糖を中心とした糖質は炎症を助長し、痛みを敏感にする作用があります。

お茶の水整形外科では他の整形外科で様々な痛みが改善しない患者さんに対して糖質制限をおこなうことで様々な痛みを完治させているそうです。

普段、飴をなめる習慣がある。

ジュースを飲む

ヨーグルトにグラニュー糖などを入れる

果物を良くとる(これも果糖になります)

お酒を飲む

ご飯が大好き

などの食生活が椎間板ヘルニアの痛みを助長させ、なかなか治りづらい症状を引き起こしている可能性もあります。

現在、辛い痛みでお困りの方は糖質制限をすることで痛み・シビレの緩和が望めるかもしれません。