変形性膝関節症の治療

中年以降、膝の痛みを訴えて整形外科を受診すると「変形性膝関節症」と診断されることが大変多いです。現在変形性膝関節症に罹患している患者数は約700万~1000万人と言われています。

「加齢によるひざの痛みだから治らない」と言われ、ショックを受ける方もいらっしゃいます。しかし、変形性膝関節症と診断されても手術をしないで改善する方も多数いらっしゃいます。変形性膝関節症の原因でもある3つのポイントをしっかりと正せば手術しないでも再び旅行やスポーツを楽しむことが可能です。

変形性膝関節症とは?

変形性膝関節症とは50歳以上の方に多くみられる膝痛のことです。加齢に伴い、膝の軟骨がすり減って痛むと言われています。ひざ関節を作る太ももの骨(大腿骨)とスネの骨(脛骨)には関節部分に軟骨があります。加齢や日常生活の酷使によりひざ関節の軟骨部分がすり減って痛みを起こすと言われています。

 

 

軟骨がすり減ってもひざの痛みは起こらない!?

ひざの軟骨自体に痛みを感じる神経はなく、実は軟骨がすり減るだけでは痛みは起こりません。軟骨がすり減ることで細かい軟骨の粒子が関節内に飛び散ります。軟骨粒子が関節を包む袋である関節包(内側の滑膜)にぶつかると関節包が「異物が関節内に入って来た」と認識し、異物をやっつけるために炎症を起こします。その結果関節は腫れ、痛みを引き起こします。

変形性膝関節症の初期の段階では軟骨が痛んでいるのではなく、関節包の炎症により痛みを感じています。

 

しかし、長い間痛い状態を放置しておくと軟骨のすり減りがどんどん増してやがて軟骨が全てなくなり、骨同士がぶつかるようになります。骨には痛みを感じる神経がたくさんきているので歩くたびに激痛を感じる様になります。

変形性膝関節症の症状

変形性膝関節症の前期症状

変形性膝関節症は、前期のうちはほとんど症状が出ません。ときどき膝が傷むことはありますが、原因がわからないので放置されてしまうことが多いです。

日常生活では

・朝の起き掛けに少し膝が痛むが動いていると徐々に痛みは和らぐ。

・長い時間座っていて立ち上がった時にひざに痛みを感じるが30歩程度歩くと痛みは和らぐ。などの症状が見受けられます。この状態ではまだ日常生活に支障を伴うことはありません。

 

 X線写真を撮っても関節軟骨が写らないのでわかりにくいのですが、じつは内視鏡で見てみると関節軟骨の毛羽立ちがみられることがあります。ツルツルだった膝軟骨の表面に傷ができたり、劣化したりして軟骨変性が起こってきます。だんだん関節の弾力がなくなり、衝撃吸収能力が落ちていくので膝に負担がかかりやすくなってきます。

 

変形性膝関節症の初期症状

 

初期の症状は膝に水がたまることが多いので、強く痛むことがあります。また、走ったり、階段をのぼりおりしたりすると痛くなることがあります。

 膝ではどんなことが起きているのかというと、関節軟骨にある傷や劣化が進み、裂け目ができてはがれ始めます。これはひざのすり減りです。

 そして、すり減った軟骨のかけらを関節包(滑膜・かつまく)が異物を除去しようとすると炎症が起こり、腫れや痛みが出てくるのです。進行が進むと半月板の弾力も失い、骨にかかる負担も増えてしまいます。

 この時期に腫れがひどく、整形外科で関節内の水を抜くことをしますが、水が溜まっていることが悪いわけではなく、水が溜まってしまう原因は関節包が炎症を起こしているためなので、いくら水を抜いても関節包の炎症を取ってあげない限り再び水は溜まってきます。水を抜いて一過性に痛みが楽になるのは関節内の内圧が下がるため一時的に楽になりますが、根本治療にはならず、再び水が溜まったら抜くという循環を繰り返します。

日常生活では

・階段の昇り降りが痛い

・長い距離を歩いていると痛くなる。

・スポーツをしていると必ず痛くなってしまう。

・座ってから立ち上がると5分以上は痛みが続く

・膝を曲げると突っ張って曲げられない

などの症状がでてきます。

 

 

 

変形性膝関節症の進行期症状

 進行期になると症状はさらに悪化していきます。日本人に多いO脚の人は特に内側の負担が大きくなるため、特にひざの内側に痛みを訴えます。膝が伸びきらす「く」の字になってしまいます。スポーツをするのが難しくなり、日常生活にも制限が出てきてしまいます。

日常生活では

・正座ができない

・15分以上歩くとかなりの痛みが出てくる

・階段、坂道で必ず痛む。階段は片足ずつ降りる、昇る。

・しゃがめない

・基本的にどの動作でも痛みを感じる様になる。

 

この時期は関節軟骨のすり減りがますます背淫行していきます。骨の候かも進み、関節軟骨が部分的にかけてしまったり、半月板が損傷したり、変形したりするため、症状が悪化していきます。

 

変形性膝関節症の末期症状

 

末期になると関節軟骨が完全にすり減ってなくなってしまいます。骨同士が直接こすれあうため、膝を動かすと音が聞こえたりすることがあります。

O脚の変形がすすみ、完全に膝の曲げ伸ばしができなくなります。痛みも常に起こるため、杖や手すりがないと歩けないといった状態になってしまいます。

日常生活では

・5分歩くのも困難

・寝返りの際に膝が痛む

・痛いほうの足を着いた時にズキンと鋭い痛みがする

・長い間座っていても膝に痛みを感じる

などの症状が出てきます。

 

変形性膝関節症を引き起こす要因とは?

■遺伝

変形性膝関節症の家族がいると、発症する確率が高くなるという報告があります。まだはっきりとしたことはわかっていませんが、遺伝も関係しているのではないかといわれています。特に両親のどちらか、または片方が変形性膝関節症だと発症しやすいです。ただ遺伝的素因なのか環境因子なのかは定かではありません。変形性膝関節症を起こす要因として「肥満」があります。両親が肥満であると子供も肥満ある確率が高くなります。これは遺伝的素因もありますが、両親の好む食物が太りやすく、同じものを食べることで子供も太るとことがあります。遺伝的素因がないにしろ親が太っていて、子も太っていれば変形性膝関節症になる可能性は親子で高いといえます。

また、整体界では「骨格は遺伝する」といわれており、骨のゆがみが親子で似てくると同じような症状が出てくる可能性も高いでしょう。椎間板ヘルニアも遺伝的素因があると言われていますが、子は親を見て育つので親の姿勢が悪かったりすると子供の姿勢も悪くなるので親から姿勢を正すことが大事です。

年齢

年齢が上がるにつれ、変形性膝関節症になる人は増えていきます。年齢とともに足の筋力が弱くなり、膝に架かる負担が大きくなったり、長年久を使い続けて関節の軟骨がすり減ってきてしまったりということが原因になっています。

と一般的には言われていますが、全員が変形性膝関節症になるわけではありません。高齢者に多い膝痛のため加齢が原因と言われ整形外科では半分諦め状態になってしまいますが、私は年齢は大きな要因ではないと思います。むしろ、○○の原因を長年持っていることで発症すると考えています。

ここ最近は若い人でも「変形性膝関節症」と診断される場合もあります。若い人には関係ない疾患と思われがちですが、様々な生活習慣の変化から若者でも変形性膝関節症を患ってしまう子が年々増えているようです。

性別

男女ともに発症する病気ですが、特に女性の発症率が高いです。80代の女性では90%ほどの確率で発症しています。

女性は男性に比べて筋力が弱いことと、女性ホルモン影響もあるのではないかといわれています。

女性ホルモンの影響

女性は出産をする際に「リラキシン」というホルモンが分泌されて骨盤を支えている靭帯が柔らかくなり、赤ちゃんが産道を通ってくると言われています。リラキシンは女性に多く分泌されると言われており、リラキシンが分泌されることで、膝の靭帯も緩んでしまい、変形性膝関節症になってしまうのではという説もあります。

肥満

体重が重いと、膝や股の関節にかかる負担は大きくなります。膝にかかる体の圧力は体重の3~5倍といわれています。体重50kgの場合ですと150kg~250kgですが80kgの場合、240kg~400kgにもなります。

ですから、膝の負担が大きく、変形性膝関節症になりやすいです。

O脚

O脚の場合、足の内側に負担がかかりやすいので膝への負担も大きく、変形性膝関節症になりやすいです。

日本人は90%以上がO脚だとも言われていますので、発症しやすいのかもしれません。

運動不足

運動不足になると足の筋肉が衰え、膝にかかる負担が大きくなります。また、運動不足ですと血流も悪くなるため、膝に必要な栄養が行き届かなくなります。得に太ももの前の筋肉である大腿四頭筋(だいたいしとういん)が弱まると変形性膝関節症になりやすいと言われています。初期の段階では大腿四頭筋(だいたいしとうきん)の筋力トレーニングをおこなうことで、膝関節内の血液循環が良くなり、痛みが改善する場合もあります。

職業

職業柄、特定の関節を繰り返し使っていると膝軟骨がすり減りやすくなります。

スポーツ選手などは若くても発症することがあります。半月板や靭帯を負傷してしまうと、若くても発症しやすいです。

他にも、重い荷物を扱うことが多いなど、肉体労働をしていると発症しやすくなります。

 

 

しかし、上記にあげた要因は根本原因ではありません。根本原因の上に上記の要因が重なることでさらに変形性膝関節症になるリスクが高まります。

では根本原因とは何でしょうか?

 

 

 

変形性膝関節症の3つの根本原因

①自然治癒力の低下

人間の身体には本来、自分の身体を自然と治す自然治癒力(しぜんちゆりょく)が備わっています。わかりやすい所でいえば、切り傷をしても数週間すればいずれは治ってきます。このようにどこか損傷した組織があっても自然と治るのです。しかし変形性膝関節症の場合、自然治癒力が極端に衰えている状態です。これは、ひざへの血液循環が悪く、血液を介して老廃物を流す作用、栄養価のある物質を新たにとり入れる作用が極端に低下してしまっているからです。そのため関節内で起きている軟骨のすり減った粒子が吸収されなかったり関節包の炎症がなかなか改善せずむしろ徐々に悪化していきます。

 

では自然治癒力が高い人とそうでない人の違いは何でしょうか?

 

答えは内臓の疲労です。内臓の疲労とは人間ドックなどで測れる血液検査の結果などとは全く別のものです。内臓が疲労すると自然治癒力が落ちてしまうのです。内臓は車でいうエンジン部分です。エンジンの調子が悪いと車の走りは絶対に悪くなりますよね?内臓はエンジンと同じなので内臓が疲労することで身体の様々な不調をきたすようになります。内臓の疲労が反射的に様々な痛みとなってでてくることもあります。

自然治癒力の高い人は寝ていると身体は回復し、痛みもとれることがあります。しかし、自然治癒力が低い人は寝ても回復せず、次の日に疲労や痛めた部位の蓄積が残り、徐々に痛みとなって体にでてきます。変形性膝関節症の方も初期段階で自然治癒力が高ければ軟骨のすり減りをくいとめることができるのですが、徐々に蓄積された結果、骨の変形にまで及んでしまいます。

自然治癒力を上げるには内臓の機能を上げるのが大事です。内臓疲労がある場合、内臓の機能をもっと上げようと血液がたくさん集まってきます。そのため手や足末端の血液が体幹に集まるため「冷え性」となります。冷え性の方は血液循環が悪いということは想像がつくと思います。

冷え症の方=自然治癒力が低い=ひざの痛みを感じやすいという傾向があります。なかなか治りずらいひざ痛をお持ちの方はご自分の足先を触ってみてください。足先が冷たく感じる場合、足への血液循環が悪く、自然治癒力が落ちています。

 

 

②骨格のゆがみ

人間の身体は約200個の骨で構成されています。骨と骨とが連結した部分を関節と呼びます。骨や関節の位置が通常の位置にあれば筋肉は最小限の筋力で働くことが可能です。しかし、過去に捻挫(ねんざ)を経験したことのある(足首をひねった程度のものも捻挫に含める)方はスネの外側の骨である腓骨(ひこつ)という骨がほんの0、数ミリ下に下がってきます。腓骨(ひこつ)がしたに下がることにより、腓骨(ひこつ)と関節を作る脛骨(けいこつ)というスネの内側の骨や足根骨(そっこんこつ)と呼ばれる足首から下の部分を構成する骨にまでゆがみが波及します。ひざから下の骨、関節がアンバランスな状態になると太ももの骨(大腿骨・だいたいこつ)にもゆがみが起きてきます。

結果、下肢全体にゆがみが起きてくることにより、骨格バランスがとても不安定な状態になります。不安定なバランスを保とうとして下肢の筋肉が緊張するようになります。膝周りの筋肉も緊張状態になり、筋肉のけん引痛が起きます。ひざ関節時代が痛い感じがするけど、実は筋肉のけん引痛であることは臨床上多々みうけられます。筋肉のけん引痛の場合、整形外科でおこなうレントゲン検査やMRI検査では異常が見つかることが少なく「関節の間は狭まっているけど、手術するほどひどくない」と言われ、シップなど消炎鎮痛剤を処方されることが多いです。シップが効かない場合はヒアルロン酸注射を膝関節内におこなう場合がありますが、上記の説明通り、膝関節内で起きていることが原因ではなく、筋肉のけん引痛であるためヒアルロン酸注射をしても痛みが全く変わらない場合が多いです。

③筋膜の癒着

かつて運動を激しくしていたり、それとは全く逆で運動をしていなかったりすると筋膜という組織が癒着を起こすことがあります。筋膜が癒着すると癒着した部分そのものが痛むというより少し離れた部分に痛みを起こすことがあります。変形性膝関節症の痛みを訴える方の中に筋膜の癒着が原因で痛みを引き起こしている方も多くいらっしゃいます。体のどの部分の筋膜の癒着かというと特に多いのが太ももの全面の筋肉と内側の筋肉です。その他にスネの内側や背骨の際など一見ひざとは全く関係ない筋膜の癒着が原因であることもあります。整形外科で「変形性膝関節症」と診断されたけどヒアルロン酸注射をしても効果がない。整骨院などでひざに電気をかけても効果がないという方は筋膜の癒着による痛みである可能性が高いです。

 

 

 

 

ほとんどの膝痛の原因が関節そのものにない!?

私が変形性膝関節症の根本原因としてあげた3つは全て膝関節から離れた部位に原因があると説明しています。

①内臓疲労により血液循環が悪くなり、自然治癒力の低下

②骨格のゆがみによる下肢のアンバランス

③筋膜の癒着

仮に膝自体が問題である場合、膝に湿布を貼って炎症をとったり、電気治療をしたり、ヒアルロン酸注射を打つことで症状が改善するはずです。

 

しかし、ほとんどの変形性膝関節症の方が上記の治療では改善しないのも事実です。改善しない理由は膝関節自体が根本原因ではないからです。

 

私が説明した根本原因3つを改善することで、今まで辛かった階段の昇り降り、長時間の歩行が可能になることが多々あります。

 

 

変形性膝関節症を改善する3つのポイントとは?

①内臓の機能を上げ、ひざへの血液循環を促し、自然治癒力を上げる

上記でも説明したように人間には本来痛めた組織を自分で治す「自然治癒力」が備わっています。しかし、変形性膝関節症を患っている方は自然治癒力が衰えている方が多いです。当院ではまず手や足、頭にある「ツボ」をに鍼治療(はりちりょう)をおこなっていきます。内臓の機能を上げ、下肢への血液循環を良くし、自然治癒力をあげていきます。自然治癒力をあげることにより、歩行などで負担がかかったひざでも自分の回復力で回復できる身体づくりをしていきます。

東洋医学では関節の痛みも内臓の異常が関連しているという考えもあり、鍼治療で内臓の機能を上げるだけで膝の痛みが改善する方も多くいらっしゃいます。この治療は鍼でツボを刺激し、結果その方の本来持っている自然治癒力が反応して痛みを改善しているため、その場しのぎの治療ではなく根本治療につながります。

 

②骨格のゆがみを矯正する

変形性膝関節症の根本原因として「骨格のゆがみ」も関係してきます。骨盤から下肢にかけてのゆがみを矯正することにより、骨、関節が本来ある位置に戻り、筋肉の余分な緊張がとれ、膝周りの筋肉のけん引痛が改善します。当院でおこなっている骨格の矯正は痛みを伴わないソフトな整体でおこないます。

現代人にはソフトな整体が適している

明治時代や昭和初期などは男性はほとんどが肉体労働。女性はしゃがんだ状態で選択をし、しゃがんだ状態で火を起こしご飯を作り、しゃがんだ状態で火を炊きお風呂を沸かし、数キロ先まで買い物に行くという生活でした。男性、女性共に足腰がかなり強かったのです。このような体ですと「バキッ」と一瞬でやる整体は体に適していますが、現代人はデスクワークが多く、車、電車、バスなど移動も歩く以外の手段が断然増え、足腰が昔の人と比べて極端に弱くなってしまいました。足腰が弱い方に「バキッ」という強い矯正をかけると普段なれない刺激に力が入ってしまい、体に対して逆効果になることもあります。現代人の中には強い矯正が必要な体質の方もいますが、現代の日本人の9割はソフトな整体が体に適しています。

 

③筋膜の癒着を取り除く

変形性膝関節症の場合、①の内蔵機能を上げる②骨格のゆがみを矯正することで痛みの改善が期待できます。しかし、①②の施術を施してもなかなか改善しない場合、痛みの原因が筋膜の癒着による痛みであることが多いため、ひざの痛みの原因となっている筋膜の癒着を取り除いていきます。

変形性膝関節症の場合に多い筋膜の癒着は太ももの前の筋肉、内側に筋肉、スネの内側の筋肉、背中の筋肉などがあげられます。

 

「人工関節の手術が必要です」と整形外科で言われましたが、手術をせずに楽しく元気に歩いています。

Q1. 治療院に来る前どのような症状でお悩みでしたか

治療を受けるようになってから2年ほどになります。

当時、その2年ほど前から膝の痛みが始まり、整形外科も数軒回りましたが「変形性膝関節症で、人工関節の手術が必要です」と言われました。

「でも、少し前まで階段の上り下りも普通にしていて、こんなに急にですか?」

「そうゆうものなのですよ!」

こんな会話を何度となくしました。痛み止めの注射や薬、ヒアルロン酸注射、溜まった水を抜き、一進一退でしたが、とうとう杖が必要になりました。

手術は嫌でした。それよりも自身の身体がこんな状態だと納得できなかったのです。まだ他に治療法があるのでは・・・。そして土井先生のホームページを見つけました。

半信半疑でしたが最後の頼みでした。

 

Q2.この治療院のどんな所が「いいな」と思いますか?

清潔感があふれていますね。

土井先生の「痛いところに手が届く」ような施術を信頼しています。

みなさん明るくて優しいです。

 

 

Q3.施術を受けての変化、感想をお聞かせください

治療が始まり1回、2回・・・その都度、鍼(はり)治療の後、微妙な調整をしていただき(私は魔法の手と呼んでいました)痛みが軽減し、心も軽く帰ったものでした。1月2月、膝が戻ってくるのが実感できました。もちろん杖などは要りません。現在は生き返った膝を大切にしたいと思い、月1回のペースで更に治療していただいています。友人と大好きな街歩きや小旅行も出かけられるようになり「歩き方がスムーズで良くなったね」と言われます。楽しく元気に歩いています。

 

Q4.同じような症状でお悩みに方にメッセージをお願いします。

歩く度の痛みは本当に辛いです。痛みが軽減されるだけでも嬉しくなるはずです。

痛みなく歩けることは幸せです。是非、土井先生のはり治療をお薦めしたいです!

 

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。