足底筋膜炎の治療

ケガが治らなくて困っている人はぜひ行ってみてください。

ご住所:東京都多摩区  お名前:小林 将太様   ご職業:学生 ご年齢:10代

Q. あなたが来院(治療を受ける)のきっかけになった症状は何ですか?

A.  足底筋膜炎

 

僕はサッカー部に所属しています。都立高校の中では強い方で、一、二年生のときは一度もトップチームに上がったことがありませんでした。日々の練習を頑張った結果、3年生になって初めてトップチームに入ることができ、公式戦にも出れるようになりました。

そんな時、試合中に足を痛めてしまい、整形外科へ行ったら足底筋膜炎と診断されました。簡単なストレッチと湿布、飲み薬を渡されただけでした。我慢してやろうとしたのですが、ズキっという強い痛みがでて、ついには歩くのも痛くなってしまいました。

トップチームからも落とされ、ずっと目標にしてきた最後の夏の公式戦に出ることがどんどん遠くなっていきました。部活も辞めてしまおうかなと悩んでいる時、インターネットで土井治療院を見つけました。メールで相談にものってもらいました。1回目の治療で9割の痛みが消えました。

今後はまたトップチーム入りを目指して頑張っています。歩くのも痛くて治らないのではと思っていたのが嘘のようです。

本当に先生方には感謝しています。ケガが治らなくて困っている人はぜひ行ってみてください。

 

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

足底筋膜炎で朝歩くのがままならない位の痛みでした。

スポーツ:ランニング

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

足底腱膜炎の本当の原因とは?

足底腱膜炎に関することを調べていると「スポーツのやり過ぎ、オーバーワーク」や「体重過多」「長時間の立ち仕事が原因」などと言われています。

しかし、上記のことが本当の原因であれば疑問点が生まれます。

足底腱膜炎を患う方の多くは初めは片足のみが痛くなります。

仮にオーバーワークが原因であるならなぜ両足に同じ負担のかかるマラソンで片足のみ足底腱膜炎になるのでしょうか?

 

足底腱膜炎の本当の原因①足根骨のゆがみ

足首から下の骨は足根骨(そっこんこつ)と呼ばれる骨です。片足23個の小さな骨が連結して足を作っています。皆さんもお分かりの通り足は立っているときや歩くとき走るときにも体を支える重要な部分です。そのため、小さな骨が密接に連結することで立位時の姿勢の安定を図っています。

 

過去に足首を捻った既往などがあると、外くるぶしを形成する腓骨(ひこつ)という骨が下方へ下がってきます。腓骨が下がることで、まわりの足根骨にもほんの0、数ミリのゆがみが生じてきます。やがて時間が経過するとともに小さな骨同士にゆがみが生じてきます。足根骨は立位時に全体重を支えないといけないのですが、少しのゆがみを生じても不安定な状態になります。

立位時に不安定な状態だと困るので、その不安定さを代償するため足底腱膜がピンと張った状態になり、足を安定させようとします。この状態でスポーツや長い間立っているなどをおこなうと足底腱膜にかかる負荷が大きいため足底腱膜炎になります。

なぜ足底腱膜炎が片足に起こることが多いかというと、足根骨のゆがみがあるほうの足で起こるからです。

・足根骨にゆがみのある状態で激しいスポーツをする。

・足根骨のゆがみのある状態で体重が思い方

→足底腱膜炎になる可能性大

ということになります。逆に言うと足根骨のゆがみがない方はたくさん走っても、体重が重くても足底腱膜炎にならないことが多いです。

「あの人は私より月間100キロ以上走っているになぜ私だけ足底腱膜炎になるのだろう・・・」

「あの人は私より絶対体重が重いのになぜ足底腱膜炎にならないのだろう・・」

という疑問は原因は「足根骨のゆがみ」にあったからです。

足底腱膜炎の本当の原因②身体の連動性の欠乏

人間の体は骨・関節がスムーズに連動して動くことにより動きを作っています。

歩く動作をとっても脊柱・股関節・膝関節・足関節・足根骨などの関節の動きが連動して動くことにより関節に負担なく歩くことができます。

極端な話をすると連動性の保たれた体だと関節がスムーズに動くため各関節にかかる負荷は少なくて済みます。

脊柱:股関節:膝関節:足関節:足根骨=2:2:2:2:2のような割合で均等に関節い負荷がかかります。

一方、デスクワークなどで腰や背中、骨盤回りが硬くなってしまっている人は脊柱と骨盤回りの筋肉が硬くなってしまいます。脊柱、骨盤回りの筋肉が硬くなっていると体の連動性が保てなくなり足先でのみ歩いたり走ったりするようになり、足裏にかかる負荷が増してしまします。

脊柱、骨盤が連動性をなくすことで足先のみを使った動きになってしまった結果

脊柱:股関節:膝関節:足関節:足根骨=0:0:2:3:5

のように膝から下の負荷が増します。この割合が膝が高いと膝痛になり、足首が高いと足首痛になり、足底が高いと足底腱膜炎になります。ランナーの方で足底腱膜炎と膝痛両方を患っているなどという方は脊柱や骨盤回りが硬くなって下腿に負荷をかけている可能性があります。

足底腱膜炎の本当の原因③筋膜の癒着

足底腱膜炎の多くの方が上記で説明した「足根骨のゆがみ」が原因で起こります。しかし、ゆがみを矯正しても改善しない場合があります。その場合に筋膜の癒着が原因で足底腱膜炎になっている場合があります。

この場合、足底腱膜(筋膜)そのものの癒着ではなく、下腿の筋膜の癒着により足底腱膜も硬くなり痛みを訴えることが多いです。膝から下の筋肉と足底腱膜は筋連結しており、膝下の筋膜が癒着することで足底腱膜も硬くなり足底腱膜炎を患うこともあります。

ふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)はすねの内側の筋肉(後脛骨筋など)の筋膜の癒着が原因で足底腱膜炎になることもあります。

足底腱膜炎の本当の原因④内臓の疲労による足底痛

足の裏が痛くなり、整形外科へ行き、Ⅹ線(レントゲン)を撮ると「骨には異常ありませんね。足底腱膜炎でしょう」と診断されることが多いです。足底腱膜炎と診断されても足底腱膜の炎症そのものが足裏の痛みの原因でない方もいらっしゃいます。内臓が疲労しているために足裏に反射して痛みを訴えることがあります。

足底痛になりやすいのは東洋医学的にいうと腎と関係が深いです。また、「筋肉、腱」は肝と関係が深いので肝も足底腱膜炎に肝経が深いです。

なので足裏を全く触らずに肝や腎の機能を上げる調整をするだけで足裏の痛みが改善する方もいらっしゃいます。残念ながら整形外科や整骨院などでは内臓と足底痛の関係を指摘する方が少なく、なかなか治らない足底痛の方は内臓からの反射痛であることが多いです。

内臓が疲労しているからと言って何か病気があるとかそうゆう意味ではないのでご安心ください。

鍼治療と整体をおこなえば内臓の疲労もとれ足裏の痛みも改善します。

症状

痛む部位としては足裏のかかとの少し前の内側から中央を押すと痛みが出ます。痛みは土踏まず全体や、足底腱膜が付く足の指の下の骨の方まで及ぶこともあります。腫れを伴う場合や足関節の背屈制限がみられるときもあります。

朝起きかげの最初の1歩目の激痛

多くの方が朝置きかげの痛みを訴えます。「最初の数分は痛いけど歩いているうちに徐々に和らぐ」「朝の1歩目が怖くて歩くのを躊躇する」などという方が多いです。

朝起きがけに痛い理由としては夜寝ているときに足底腱膜の微細断裂部が修復しようとします。朝の1歩目て修復しかけた部分が再び微細断裂を起こすためその時に痛みを起こすと言われています。

歩く時間、距離が長くなってくると徐々に痛みが増す。

足底腱膜炎の初期段階では朝のみの痛みですが、その状態が長く続くと歩く距離や立つ時間などが長くなるにつれ痛みが徐々に増すようになっていきます。この状態になってもいたみを我慢しながら立つ、歩く、走るを続けているとやがて痛みの出る距離や時間は短くなってきます。

・歩くのもままならないほどの痛み

症状が悪化してくると歩くたびに激痛が起こるようになり歩行が困難になることもあります。ひどい人では杖を突いて歩いている方もいらっしゃいます。

当院での治療

足底腱膜炎の治療は足の痛みの治療院が最も得意とする疾患の一つです。「足裏の痛み」は一般的な治療院ではあまり治療をする機会が少ないため専門的な知識や技術を持っていない方が多いです。足の痛みの治療院では足の専門的な知識・技術を要しているので全国から足裏の痛みを訴えた方が来院します。年間延べ数千件の臨床実績は全国でもトップクラスに多い臨床数です。

多くの整骨院・治療院では「足底腱膜炎の原因は○○」とひとつの原因として考えますが、当院の数多い臨床経験でわかったのは足底腱膜炎の根本原因は大きく分けて4つの原因があることです。

原因が4つあるにも関わらず、原因が1つだと考え、1つの治療法でしか施術しないので整骨院や治療院で足底腱膜炎を治療してもなかなか改善しない理由です。

 

足の痛みの治療院では足底腱膜炎の根本原因に挙げられる

①足根骨のゆがみ

②筋膜の癒着

③体の連動性の欠乏

④内臓の反射痛

のどの原因からきている足底痛なのかを見極めそれに合った治療を行っていきます。

主に鍼治療と整体治療を組み合わせて行っていきます。

足根骨のゆがみを矯正する

足底腱膜炎の根本原因で説明したように足根骨のゆがみが原因で足底腱膜に負荷がかかってしまっているため、足根骨のゆがみを矯正します。矯正といっても「バキッ」とするような矯正ではありません。とてもソフトな矯正でこれで矯正できているの?と不思議になるくらいソフトな矯正方法です。強い矯正をかけると確かにゆがみは改善しますが強い刺激に対して脳が「敵対する刺激」と判断すると再び元のゆがんだ状態に戻そうとしてしまします。そのためより戻りがないソフトな矯正を当院では取り入れています。

また人によって、「動きをつけないでおこなう矯正法」と「動きを加えながらおこなう矯正法」で効果の出方が違います。これは個人個人体質や足の使い方などが違うためその方に合う矯正法を選択しておこなっていきます。

身体の連動性を改善する

体の連動性がなくなって足先でのみ歩く、走る動作になってしまう原因は脊柱や股関節の動きが悪くなってしまうことが原因です。脊柱、股関節周りの動きをよくするため脊柱周りの筋肉、骨盤回りの筋肉を緩ますツボに鍼治療をして体の連動性を取り戻します。体の連動性がでてくるだけで足底痛が改善する方もいらっしゃいます。

筋膜の癒着をはがす

筋膜の癒着が原因になっている場合もあるので筋膜の癒着をはがしていきます。

すねの骨(脛骨の内側)の筋膜の癒着が足底腱膜炎の痛みと関連が深いため、その部位の癒着をはがしていきます。手技でも行いますが、骨の際の奥深いところの癒着も関係していることがあるため鍼治療もおこないます。

ふくらはぎの筋膜の癒着も関連していることがあるので、鍼治療と筋膜をはがす手技をおこなう場合もあります。

内臓の疲労を取り除き、足裏痛を改善する

足裏の痛みは内臓の疲労とも関連が深いため、足裏の関連の深い腎の機能を上げる調整をしてきます。鍼治療と整体を組み合わせておこなっていきます。内臓調整は内臓そのものにアプローチするわけではないので足裏や腎臓に触れることなく足底の痛みが改善することがあるのでびっくりされる方が多いです。

治療に関しては上記にあげた全ての治療をおこなうわけではありません。その人の足底痛がどの原因かを突き詰めるのが1番大事なことです。上記でも説明したように足底腱膜炎は一般的な整骨院や整体院ではあまり多く来院する疾患ではないので、当院のように4つの原因からアプローチする所はとても少ないと思います。逆に言えばだから「治りづらい疾患」とされてしまっています。

歩く、走ることができなくなってしまうと人生を楽しむことができなくなってしまいます。もう一度ご自分の楽しい人生を取り戻すためにぜひ当院へ治療にいらっしゃってください。

まずはお気軽にお問合せください!

当院の施術は身体のことを熟知した健康のプロから高い評価を得ています

サッカー界のレジェンドからの推薦文

木村和司様

ドイツニュールンベルグ州立劇場所属

佐々木名都様

小峯晃様

泉宗太郎

中里俊隆先生

「量子療法」開発者
「新医学研究会」主催
「新医学療法院」理事長

中里俊隆先生

土井亮介先生は施術業界をリードしてくれると信頼しています

土井亮介先生には、長崎で開催していた「新医学療法」のセミナーや、福岡でのセミナーに参加していただきました。
「真面目に勉強されている」というのが第一印象です。
私の話に真剣に耳を傾け、鋭い質問も投げかけてくれました!

現在施術業界も大きな変化の渦の中にいますが、土井亮介先生はしっかりした愛のエネルギーを胸に定着させて仕事に取り組んでくれているので、さらに進化向上し業界をリードしてくれると信頼しています。

土井亮介先生は愛の存在の人。尊敬しています。

外科医
坂田龍彦先生

土井先生は、たくさんのご来院者様を笑顔に導いた実績が豊富です

土井亮介先生とは、「エネルギー療法」の大御所のセミナーで度々ご一緒させていただいています。
そのご縁で御推薦の療法セミナーを教えて下さり、私も学ぶようになりました。

土井先生はお人柄が素晴らしく、御縁ある方々を笑顔にして差し上げたいと、あくなき探究心で日々研鑽されております。
また、たくさんのご来院者様を笑顔に導いた実績も豊富です。

私も誠意をもって土井治療院さんを推薦させていただきます。

頼りになる相談できる院に出会えて良かったと思います。

ご住所:川崎市多摩区 お名前:かっぱ様  ご職業:会社員 ご年齢:50代

Q1. 治療院に来る前どのような症状でお悩みでしたか?

(大変恐縮ですが、エピソードを交えて詳細にお願いします)

ジョギング中の足裏の痛みから始まり、雪の日の建設現場用安全靴移動、脚のつりなど、重なっている状態を放置している内に、足裏が痛み、歩くのが辛くなり、支障が出始めました。

整形外科に通院しましたが、「足底筋膜炎」と言われ、治療法がないと、サポーターを試してみますかくらいしか対策の提供はなかった。

その後、整体(カイロ)、マッサージ等、試したが、ひどくなる一方で、情報を自分で集めるくらいしかないと思った。

 

Q2. この治療院のどんな所が「いいな」と思いますか?

(施術者の印象、治療内容などなんでも結構です)

You Tubeで、マッサージの仕方や、痛みの原因、対処の仕方や考え方を紹介してくれていること。足裏の痛みの解決法が普及していない中、本来の筋膜の柔らかさや、バランスのとりやすい位置に戻すことができるよう、説明しつつ、施術をし、話をして下さるのがとてもいい。

 

Q3.施術を受けての変化、感想をお聞かせください

1年半、苦しみ続けた足裏かかと付近の痛みが、一度の施術で半減近く解消され、本当にびっくりしました、自分でもマッサージや灸をしながら、1ケ月ちょっとで非常によくなり、外出や歩くことが苦痛でなくなりました。

 

Q4.同じような症状でお悩みに方にメッセージをお願いします。

自分の体を知り、自分の痛みの原因を知り、応急処置ではなく、根本的に改善するためには非常に良い施術であり、有効な治療をしてくれる治療院だと思います。

今後も自分の体をケアし工夫しつつ、何か支障が出た時には頼りになる相談できる院に出会えて良かったと思います。

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

期待を裏切ることなく完治の方向へ導いてくれますよ

ご住所:川崎市 お名前:山本様  ご職業:会社員 ご年齢:40代

Q1. 治療院に来る前どのような症状でお悩みでしたか?

(大変恐縮ですが、エピソードを交えて詳細にお願いします)

「えっ!痛いっ!立てない!イテテテ…」

いつもの朝、これがベッドから立ち上がる時の状態でした。

それからは通勤歩行が困難になり、周囲への迷惑と興味本位の視線に辛く感じ、仕事も現場立ち合いが中心だったのでとても困り、何気ない動きが痛いためイライラしていました。

3日経って益々痛くなってきたので整形外科に行き「足底筋膜炎」の名前を初めて聞きました。足の裏にステロイド注射を打ってもらいましたが、症状は改善されず、大げさですが将来への不安も抱くようになりました。

 

Q2. この治療院のどんな所が「いいな」と思いますか?

(施術者の印象、治療内容などなんでも結構です)

あまりの痛さに辛くネット検索をしたところ、当治療院のHPを見つけ、何と言ってもわかり易い説明と親切な治療をしてくれそうな内容が良かったです。

そしてその期待を裏切ることなく、受付から診察、治療も親身になって応対してくれることにとっても好印象を感じました。

 

Q3.施術を受けての変化、感想をお聞かせください

正直なところ半信半疑で施術してもらい、当夜は若干痛くなった感想がありましたが、翌日の朝起きた時に、「あれ?!だいぶ良くなっている…」と痛さは半減した感じでした。

それから3日後には「ほとんど痛くない!!」と治療の効果にビックリしました。

 

Q4.同じような症状でお悩みに方にメッセージをお願いします。

私は子供の頃から野球をやっていて、肩や腰を痛めた事があり、中学生の時と社会人5年目頃に鍼治療の経験があり、その効果の有効性はよくわかっていましたが、「足底筋膜炎」は間違いなく土井治療院をお勧めします。期待を裏切ることなく完治の方向へ導いてくれますよ。

 

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

1ヶ月でここまで楽になるとは・・・想像していませんでした。

ご住所:東京都町田市 お名前:橋本 恭子様  ご年齢:50代

患者様の声

足の裏が痛い、と自覚したのは1年近く前でした。

朝起きて立ち上がる時、休憩が終わったあと、特に痛い・・。

それが昼間も痛くなったので、整形外科に行きましたが、治し方は特にない、とのことで、鎮痛剤と湿布が出ました。一時的に良くなった気がしましたが、治る訳なく、パートの立ち仕事の間には、泣きたくなる程になり、ネットで探しまくってたどりついたのが、土井先生です。

ここでお願いしようと思ったのは、通える距離だったこともありますが、なんといっても、文面から感じられる誠実さ。実際に施術して頂いてもどんどん印象は良くなるし、足の調子もとても良くなりました。

半年くらいは覚悟していましたが、集中して診て頂いたとはいえ、1ヶ月でここまで楽になるとは・・・想像していませんでした。

とりあえず終了ですが、何かあればメールでも相談できるとのこと。

とても心強いです。本当にありがとうございました。

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

1回目も治療でかなり良くなり、4回の治療でほぼ治りました。

ご住所:秦野市 お名前:Y・N様  ご職業:高校生 ご年齢:10代

Q.あなたが来院(治療を受ける)のきっかけになった症状は何ですか?

足底筋膜炎

競技で器械体操をやっています。半年前より平均台の宙返りの着地で踵を強打し、治らないまま練習を続け足をつくのが痛いほど悪化し、練習を控えましたが治りませんでした。電気治療やマッサージ、リハビリでは効果なく、土井先生に診て頂きたく、お願いしました。

1回目も治療でかなり良くなり、4回の治療でほぼ治りました。通常の練習ができる様になり、試合にも出れました。

本当にありがとうございました。

 

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

足裏の痛みのストレスを感じることなく、日々生活するまでに回復することができました。

ご住所:大和市 お名前:Y・Y様  ご職業:公務員 ご年齢:40代

Q.あなたが来院(治療を受ける)のきっかけになった症状は何ですか?

足(裏、甲及びふくらはぎ)の痛み

十数年ランニングをしていましたが、約1年前から足の痛みに悩まされていました。足の痛みが引いた時に、ランニングを開始してみるものの、翌日には足全体が激痛に襲われ、その痛みは1ケ月間続くような状態でした。

また、足裏の痛みについては、1年間ストレスを感じながら、不安な日々を過ごしていました。(特に、朝起きた時に踵に激痛がありました)

その状態に限界を感じたことから、インターネットで足の痛みに関する情報を検索していたところ、土井治療院のホームページにある「足底筋膜炎の治療」について書かれていた記事を目の当たりにし、土井治療院で受診することを決断しました。

初診の際、足の状態を懇切丁寧に聞いていただき、またそれに即した治療をしてもらい、治療後にランニングを行ったところ、翌日に出ていてた足全体の痛みが出ることはありませんでした。その後、2回、3回と治療を受ける度に、足の痛みは劇的に軽減され、現在では、足裏の痛みのストレスを感じることなく、日々生活するまでに回復することができました。

土井先生に感謝しています。

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

1年間続いていた痛みと違和感から解放されました!

栃木県足利市在住 常見安代様 会社役員 60代

Q1. 治療院に来る前どのような症状でお悩みでしたか?

1年前から足底の痛みを感じ、日々この違和感との戦いで忘れる事はなく、交換出来る物なら取り替えて今までの歩きにと思い、何軒と町の整形外科等に通院しましたが、良い結果が出ず前向きに何事も億劫になり、大部分(大袈裟ですが)生活維持が困難な1年でした。

Q2.この治療院のどんな所が「いいな」と思いますか?

先生の施術の内容、納得を十分確認できる説明でした。早く来院すれば良かったのに。

Q3.施術を受けての変化、感想をお聞かせください

何回かの通院で痛み解消、この感じに実感してます。

Q4.同じような症状でお悩みに方にメッセージをお願いします。

早めの治療、悩む前にゴー

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

まずはお気軽にお問合せください!

メディアでの紹介多数!主婦の主婦の友社 雑誌「健康」4月号に院長の記事が掲載されました

まずはお気軽にお問合せください!