オスグッドシュラッター病の治療

オスグッド・シュラッター病とは?

これは、病を発見した2人の医師の名前から取られた病名です。1人はボストンの整形外科医のロバート・ベイリー・オスグッド、もう1人はチューリッヒの整形外科医カール・シュラッターです。一緒に研究をしていた訳ではなかったのですがこの2人がほぼ同時に見つけたので「オスグッド・シュラッター病(症候群)」名付けられました。

長いのでオスグッド病という略称で呼ばれることが多いですが、正式名称は「オスグッド・シュラッター病」です。

 

発育の目覚ましい子供時代に起きることが多いので1つの「スポーツ障害」と幅広く知られています。

子供には成長痛もありますから、「この痛みは病気ではなく成長痛では?」と思う人もいますが、オスグッド病の痛みは決して成長痛ではありません。

なぜ発達途中の子供にこの病気が多いのかについては、研究は進められているものの、ハッキリとした原因を突き止めるには至っていません。

 

この病気は、「運動をする時に痛い」「膝の下が腫れる」「膝の下が熱っぽい」という症状が出るのが特徴です。

「脛骨粗面」が膨らむ、膝のお皿から下が広範囲にわたって熱っぽくなり、最初は運動をする時以外では傷むことがないので、多くの場合発見が遅れてしまいがちになってしまいます。

オスグッドの基礎知識

膝の周囲には大きく分けて4つの骨があることが分かります。

「大腿骨(だいたいこつ)」、「膝蓋骨(しつがいこつ)」、「脛骨(けいこつ)」、「腓骨(ひこつ)」です。

太腿(ふともも)の前部分には「大腿四頭筋(だいたいしとうきん)」と呼ばれる筋肉がありますが、これは膝蓋骨(しつがいこつ)膝の下の脛骨(けいこつ)にくっついています。

また膝蓋骨(しつがいこつ)から脛骨(けいこつ)の間の部分の筋肉は、「膝蓋腱(しつがいけん)」と言います。

大腿四頭筋(だいたいしとうきん)が柔軟に伸びたり縮んだりする能力があるおかげで、膝を自由に曲げたり伸ばしたりすることが出来ます。

10代は成長過程ですので、脛骨(けいこつ)が完全な骨になってない「軟骨」の状態です。

大腿四頭筋(大腿四頭筋)・膝蓋腱(しつがいけん)と脛骨(けいこつ)もそんなに強い力で結ばれている訳ではありません。

ですから、成長期の子供に発症しやすい疾患といえます。

 

膝への負担や牽引作用が繰り返し働くことによって炎症が起きてきます。

脛骨(けいこつ)先端より少し下部の前面に限定して痛みや腫れなどの症状が表れます。

レントゲン写真でも比較的はっきりとした症状が出ます。

オスグッド病の症状

大腿骨(だいたいこつ)と脛骨(けいこつ)に歪みが生じたまま激しい運動をすると、大腿四頭筋(だいたいしとうきん)がいつもよりも筋緊張状態になり脛骨粗面(けいこつそめん)で牽引がかかることにより、痛みが出ます。

これを「ジェンガ」という遊びに例えると、プレイ開始時のジェンガはきれいに積み上げられているので安定感があります。

プレイを続けていくとジェンガは不安定なり、時折向きが変わって飛び出すジェンガブロックが出てきます。飛び出たジェンガの状態では不安定であるため安定させようと筋肉が緊張します

 

激しい運動を行う成長期の子供は、太ももの筋肉をよく使います。

そのため太ももの筋肉が縮みやすく膝蓋靭帯(しつがいじんたい)を通して脛骨粗面(けいこつそめん)が強く引き延ばされてしまいます。

その力が強いため成長軟骨(せいちょうなんこつ)が裂けてしまって上へと持ち上がり脛骨粗面(けいこつそめん)が膨らんでしまいます。

この症状が痛みや腫れを起こす正体です。

どのような運動に激しい筋肉動作があるのかというと、「ジャンプ」「ダッシュ」を頻繁に繰り返す運動です。

ある1日だけ痛みを感じその後は治まっているような、突発的な痛みなではなく運動時に強い痛みがあったり膝の下が腫れたりします。

 

 

よく見られる症状としては次のようなものがあります。

・スポーツをしていると痛む

・スポーツをしているときは平気だが終わった後が痛い

・正座をすると膝の下が当たっていたい

・正座そのものが出来ない

・自転車をこぐと痛い

・階段の昇降が痛い

・膝が冷えると痛い

・同じ姿勢で座り続けると痛い

・あぐらが痛い

オスグッドの原因

何故オスグッド病になってしまうのでしょうか?

 

成長期の子供の骨の成長速度に筋肉や腱の成長が追い付かない

太腿の筋肉が張りすぎてしまっている

筋肉を使いすぎ(オーバーユース)になっている

足の骨に歪みがあると、「膝蓋靭帯(しつがいじんたい)」が「脛骨粗面(けいこつそめん)」を引っ張ってしまい発症する

「大腿骨(だいたいこつ)」は、運動時歩行・ダッシュ・一瞬体重を片側にかけるなどの動作をしたときに内旋します。

その一方で脛骨(けいこつ)=すねの骨=は反対に外旋します。

その結果大腿骨(だいたいこつ)と脛骨(けいこつ)は交差し、その影響で大腿四頭筋(だいたいしとうきん)と膝蓋靭帯(しつがいじんたい)も捻じてしまうのでお互いに引っ張り合って張り詰めた形になってしまいます

すると膝蓋靭帯(しつがいじんたい)はくっついている脛骨粗面(けいこつそめん)の成長軟骨(せいちょうなんこつ)部分をギリギリまで引っ張ろうとしてしまうので、結果オスグッド病になります。

オスグッド病になりやすいスポーツ競技

オスグッド病は、スポーツをしている子供なら誰でもかかる可能性がある病気です。

どのようなスポーツのどのような動作において、発症しやすいのでしょうか?

飛んだり走ったりという動作が多いスポーツに多く発症例が見られますが、まず片足が痛くなります。

痛みを我慢しながら、痛い方の足をかばって競技を続けていくとやがては反対の方の足も傷めてしまいます。

また練習量がハードで、その子の持っている運動量を超過してしまったり、試合が近いからと頑張りすぎたり、痛みを訴えて練習を休むことで周りの反応が気になったりと、子供なりの精神的苦痛も重大な原因になっています。

 

 

特に発症の可能性が高いといわれているスポーツと状況を紹介します。

・サッカー

サッカーは足を使う競技で、インサイドやアウトサイドでパスを出します。

特にインサイドパスの形は足を大きく外旋(外側回り)をします。

そのためインサイドパスを繰り返していると脛の骨が外旋へ歪んでいきます。

また接触プレイも多く、走るだけでもストップ&ゴーを繰り返します。

軸足にも体重を支える負荷がかかり、蹴る足にもある程度の衝撃が加わります。

足の骨格バランスが悪くなると、オスグッドや捻挫を発症しやすいスポーツです。

・バスケットボール

バスケットボールもとてもハードな競技です。

常にダッシュを繰り返し、シュート時の片足でのジャンプや着地時のダメージが強く、ゴール前で混戦状態になった場合は数人で重なり合って倒れてしまうこともあります。

病院に行くほどではない程度の小さな捻挫を繰り返している場合に、オスグッド病を発症するケースが多くみられます。

 

・バレーボール

バレーボールでは、特にスパイカーに発症する子供が多くみられます。

スパイクやアタックを打つときのジャンプや着地時に傷める事が多くあります。

またレシーブでも膝を深く曲げたり、無理な体制でボールを受けたりすると膝を痛め

る要因になります。

 

他にも「ハンドボール」「テニス」「陸上競技」「スケート」「フィギアスケート」「野球」等

膝の屈伸を利用してジャンプしたり、走ったりすることが多い競技にはオスグッド病を発症しやすい子供が多いという傾向があります。

 

また、捻挫をすることにより外くるぶしに繋がる腓骨(ひこつ)という骨が歪んでしまいます。

腓骨(ひこつ)単発の歪みではすぐに痛みが発症しないこともありますが、きちんとした治療をしないで放置していると他の部位の骨も徐々に歪んできて、様々な部位に痛みが発症してきます。(「膝痛」「オスグッド病」「股関節痛」「足底筋膜炎」など)

 

オスグッドの治療

整形外科での治療

近年の医療では、子供が小さいうちは手術を行うのは肉体的にも精神的にも負担が大きいので、可能な限り「保存療法」や「装具療法」を中心に行っていくのが基本です。

ただ、これはごくわずかな例しかありませんが脛骨粗面が離れてしまい、骨が危険な状態の場合は特例として摘出手術を行う場合があります。

 

炎症状態が治まるまでは、自然治癒力を基本とした「安静治療」を行うのが主流です。

炎症や痛みが強く激しい場合は、「非ステロイド系抗炎症剤」を一時的に使用する処置方法もあります。

また痛みや熱感がある場合は「アイシング」で一時的に幹部を冷やし炎症を抑えることもあります。

氷嚢もしくはビニール袋に水と氷を入れて、15分から20分冷やします。

この時体全体が冷えないように、幹部だけを冷やす工夫をすることが大切です。

一時的に痛みが引いたら、アイシングは即中断してください。

幹部を冷やしすぎると血流が悪くなり筋肉が硬くなってしまい、結果的に症状を悪化させる危険性があるからです。

痛みが引いた後は、入浴等で幹部をゆっくり温めて血行を良くして下さい。

当院での治療

整形外科医などで受診をしてオスグッド病と診断された場合「運動の中止と安静」といわれることがほとんどです。

しかし学生時代のスポーツでは、プレイできる期間はとても短くその年代でしか出場できない大会も多々あります。

そのチャンスを逃すことになるような長期安静は、子供の心身に多大なストレスを与ることにもなってしまうでしょう。

子供がストレスを感じないで治療に専念する気持ちになれるよう、また1日でも早く競技に復活できるようにするための当院では即効性がありかつ再発をおこさないよう根本原因から改善する治療をおこなっています。

①体の連動性を取り戻す

オスグッドになってしまう子は体の連動性が欠けてしまっている場合がおおいです。

体の連動性とは簡単にいうと体全体を使った動きができている状態です。

例えば蹴るという動作ですが、連動性のとれている体だと、足の筋肉から骨盤、脊柱起立筋、上肢と全体の筋肉をバランスよく使うことで一つの筋肉にかかる負担は少なくなります。

一方、普段の不良姿勢などで脊柱起立筋や骨盤回りの筋肉が硬くなっていたりすると体の連動性は欠けてしまいます。この状態で蹴ると下半身の筋肉に余計に負担がかかってしまい疲労を起こしやすくなります。筋肉は疲労をすると硬くなり縮んでしまうためオスグッドを引き起こしやすくなってしまいます。

だたオスグッドの原因である大腿四頭筋(だいたいしとうきん)を緩めても体の連動性の欠如により引き起こされているオスグッドである場合、再び痛みが戻ってしまう可能性があるため、当院では脊柱起立筋、骨盤まりの動きをよくする鍼治療をおこなっていきます。

②ゆがみを矯正する

過去に捻挫の既往があったりすると、足の骨(足根骨)に歪みが生じ、そのゆがいが徐々に上へと伝わり膝関節でねじれを起こしてしまう事があります。膝関節に捻じれがあると周りの筋肉は緊張状態になります。

この状態で運動をしていると緊張したままの筋肉は疲労しやすく硬くなってきます。太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)が硬くなるとオスグッドの原因となってしまいます。

下肢のゆがみが原因でオスグッドを引き起こしていることもあるため、ゆがみが強い人に対しては下肢の矯正をかけていきます。当院がおこなっている矯正はとてもソフトな矯正なので痛みは一切伴いません。

ゆがみを正すことで下肢の筋肉の余分な筋緊張が緩和し、オスグッドの原因となる大腿四頭筋の緊張も和らげることができます。

③筋膜などの癒着をはがす

激しい運動を続けていると筋膜が癒着してきてそれが痛みを引き起こすここともあります。オスグッドの痛みも筋膜の癒着由来のものもあるため、癒着している部位を手技ではがしていきます。

 

オスグッドは成長痛と一般的に言われますが、同世代の子でもオスグッドになる子とならない子がいます。その原因は成長期に

①体の連動性が欠如している

②下肢の骨にゆがみがある

③筋膜の癒着がある

この3つの原因がいずれかまたは併発することでオスグッドを引き起こします。骨の成長が原因であるなら背の高い子が全てなるはずです。確かに背の高い子はなりやすいですが、これは骨が伸びる速さとプラス背が高いことで姿勢が悪くなり、体の連動性が欠如している場合があります。

オスグッドシュラッター病は成長痛であるため整形外科では安静にするしか方法がないといわれまずが上記の3つの原因を取り除けば早期に競技への復帰が可能です。

自分でできるセルフケア

ストレッチ

オスグッド病を1日でも早く治すためには、自宅でも根気よくケアしていくことがとても重要になってきます。

整体や接骨院での施術はもちろんですが、それだけではなく普段からケアすることが早期復帰へのカギとなります。特にオスグッド病を発症しただけに限らず、運動前後や日常生活でのストレッチや柔軟は様々な怪我の予防にも繋がりパフォーマンス向上にも繋がります。

成長期の子供たちには筋トレは成長を止めてしまう可能性がありますのであまりお勧めはされていません。

むしろどのような状況にも対応できる体の柔軟性や関節の柔らかさ、筋肉をつけても耐えられる基本の体を作っていく方が将来を見据えた上でも大切になってきます。

この機会に今後の成長にも役に立つストレッチを習慣化させましょう。

ストレッチを始める前に大事なことは、「お風呂にゆっくり浸かって入る」習慣を身に着けることです。

入浴には筋肉を緩め疲労を回復する効果があります。

オスグッド病になりやすい子供には、シャワーだけで終わったり湯船に浸かっても時間が短かったりするという傾向があります。

入浴後のストレッチは1番効果が得られますので、入浴はとても大切です。

オスグッド病に効果のあるストレッチの動画を紹介します。

痛みのある方は、毎日続けるといいでしょう。

ですが「ストレッチをすると逆に痛みが強くなる」場合はストレッチを中止してください。

膝蓋靭帯(しつがいじんたい)が脛骨(けいこつ)に付着する部分の炎症が激しいため、この時期のストレッチは逆効果になるからです。

オスグッドシュラッター病は大腿四頭筋が硬くなり、脛骨粗面をひっぱってしまうと痛みは強くなります。そのため、大腿四頭筋のストレッチを行ったほうが良いです。ただし、片足正座の状態でやる一般的な大腿四頭筋のストレッチはちょうど痛い部分が地面にぶつかって痛みをおこすためできません。地面に痛い部分をつけずにおこなえるストレッチ法を動画ではご紹介しています。

マッサージ

マッサージも痛む患部を問題だりするよりも大腿四頭筋を緩ますマッサージを行っていただいたほうが良いです。

特にお風呂の中など体が温まった時は筋肉への血流が良くなっているのでその時におこなうのが良いでしょう。

動画では椅子に座って行っていますが、同じやり方でお風呂の中でやっていただいても平気です。

まずはお気軽にお問い合わせください!

メディアでの紹介多数!主婦の主婦の友社 雑誌「健康」4月号に院長の記事が掲載されました

他院に真似できない!3つの理由

理由その1

足の痛み専門!同じ悩みの方が改善した 実績があるので安心!

当院は足の痛み専門院です。
一般的な鍼灸院・治療院さんでは、膝・股関節痛足のシビレなど足の疾患の患者様は全体の22%ほどと、かなり低い数字です。
ですが当院では、 なんと全体の約58%が膝・股関節痛足のシビレなど足の疾患をお持ちの方です。

年間延べ4,526名の方が来院されます。
遠方の方では埼玉県、千葉県、大阪府、長崎県、熊本県、北海道などからもいらっしゃいます。
それだけ専門特化の実績があるから、安心してお任せいただけます。

理由その2

世界で活躍するトップアスリートの施術 に携わった、経験豊富なスタッフが 施術にあたります!

当院はオリンピックメダリスト、ボクシング世界チャンプ、プロフィギュアスケーター、プロレスラー、Jリーガーなど世界クラスで活躍するプロアスリートの施術経験のある経験豊かなスタッフが施術します! その確かな技術が評判を呼び、今では日本全国からお客様にお越しいただいています。

理由その3

他の治療院で「治らない」と言われた 疾患でも絶対に諦めません!! そのために日々成長、進化しています。

整形外科に行くと「もう歳だから治らない」などと年齢を原因にされたことはないでしょうか? 我々は年齢を理由にするのが大嫌いです。 実際に変形性膝関節症が改善した90歳の女性や、歩くのもままならなかった腰から足の痛みが改善した80代後半の女性など、高齢者でも改善したケースが多々あります。

当院へ来院する方の多くは、他の治療院や整骨院へ行ったけど治らなかったという方々ばかりです。
その方々に1日でも早く改善してもらうために、現在でも毎月大阪や九州など遠方でも技術の勉強に赴いて日々成長、日々進化を図っています。
セミナー参加費、旅費も合すと年間数百万円になりますが、痛みで苦しむ方々を1日でも早く改善できるよう努力を怠りません。

まずはお気軽にお問い合わせください!