「人工関節の手術が必要です」と整形外科で言われましたが、手術をせずに楽しく元気に歩いています。

Q1. 治療院に来る前どのような症状でお悩みでしたか

治療を受けるようになってから2年ほどになります。

当時、その2年ほど前から膝の痛みが始まり、整形外科も数軒回りましたが「変形性膝関節症で、人工関節の手術が必要です」と言われました。

「でも、少し前まで階段の上り下りも普通にしていて、こんなに急にですか?」

「そうゆうものなのですよ!」

こんな会話を何度となくしました。痛み止めの注射や薬、ヒアルロン酸注射、溜まった水を抜き、一進一退でしたが、とうとう杖が必要になりました。

手術は嫌でした。それよりも自身の身体がこんな状態だと納得できなかったのです。まだ他に治療法があるのでは・・・。そして土井先生のホームページを見つけました。

半信半疑でしたが最後の頼みでした。

 

Q2.この治療院のどんな所が「いいな」と思いますか?

清潔感があふれていますね。

土井先生の「痛いところに手が届く」ような施術を信頼しています。

みなさん明るくて優しいです。

 

 

Q3.施術を受けての変化、感想をお聞かせください

治療が始まり1回、2回・・・その都度、鍼(はり)治療の後、微妙な調整をしていただき(私は魔法の手と呼んでいました)痛みが軽減し、心も軽く帰ったものでした。1月2月、膝が戻ってくるのが実感できました。もちろん杖などは要りません。現在は生き返った膝を大切にしたいと思い、月1回のペースで更に治療していただいています。友人と大好きな街歩きや小旅行も出かけられるようになり「歩き方がスムーズで良くなったね」と言われます。楽しく元気に歩いています。

 

Q4.同じような症状でお悩みに方にメッセージをお願いします。

歩く度の痛みは本当に辛いです。痛みが軽減されるだけでも嬉しくなるはずです。

痛みなく歩けることは幸せです。是非、土井先生のはり治療をお薦めしたいです!

 

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

同じ症状でお悩みのお客さまの声

パフォーマンスが上がりました!
野球が出来るようになりました!
毎日頭痛薬を飲むことから解放されました!